「GovTechサミット」に登壇した尾原和啓さん

行政(Government)とテクノロジー(Technology)を掛け合わせる「GovTech(ガヴテック)」が世界的に広がりつつある。

非効率な部分や面倒な手続が多い行政分野にテクノロジーを取り入れることで、市民サービスをより良くする取り組みだ。

GovTechの知見やノウハウを共有・交換する「GovTechサミット」が2月10日、都内で開催され、オープニングセッションでIT評論家の尾原和啓さんが講演し、GovTechの意義を語った。

■「GovTech」って何?

尾原さんは、GovTechの定義を「テクノロジーを使うことによって、行政のデジタルサービスで、皆さんの生活を豊かにすること」と話した。

日本では、成長戦略として政府が掲げた「未来投資戦略2018」の中で、「第4次産業革命技術がもたらす変化/新たな展開:Society5.0」という5つの分野が設定されている。

この中で、「『行政』『インフラ』が変わる」「『地域』『コミュニティ』『中小企業』が変わる」というふたつの項目がGovTechに関連していて、日本でも注目されていると、尾原さんは強調した。

未来投資戦略2018・概要

■GovTechで大切なことは「誰一人取り残さないこと」

具体的にGovTechはどのような価値があるのだろうか。

尾原さんは「既存のものを効率化する」ことと、「新しく付加価値を生み出す」ことのふたつが大事だという。

日本では、スマートフォンの世帯保有率が70%を超え、インターネットに繋がっている人が約94%と発表された。「効率化」には、広く普及しているデジタルを活用することで、面倒で手間のかかる手続きを改善し、いかにスムーズな処理を実現するかが重要だという。

「新しい付加価値」は、地方行政に新しい売り上げを作ったり、市民に持続的な生活を担保したりと、イノベーションを起こすことで何を提供できるかを考えることだと話した。

さらに、「もっと大事なこと」として、「誰一人取り残さないこと」と続けた。尾原さんは、「社会的な弱者の方々に対して、テクノロジーの力で光を提供していく」とテクノロジーの価値を強調した。

また、GovTechを実現するときに大事なことは「透明性」「コラボレーション」「参画」の3つだという。

データを「透明に」提供することで最適化が行われる。最適化を行うときに、政府だけでなく、企業が営利も含めて持続的な形で「コラボレーション」する。ここに、市民が生活の中で「参画」することで、「全員で豊かなものを作っていくことが大事」と語った。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事