2018/12/07 13:21 ウェザーニュース

2018/12/07 13:21 ウェザーニュース

今日7日(金)は、南の海上に離れた前線の影響が残り、中部エリアは雲の多い天気となっています。

雲の底が少し高くなったタイミングで、大きな笠を被った富士山が姿を見せました。

笠雲とは?

図

山の頂上付近に雲がかぶさることがあり、このような雲を「笠雲(かさぐも)」と言います。

上空を流れる湿った空気が山の斜面にぶつかることによって、強制的に上昇して雲ができます。

このとき、上空の風が強いと、風上側の斜面で雲が発生。風下側の斜面では雲が消えていくという現象を絶え間なく繰り返すことによって、山頂付近で雲が止まって見えます。

山梨県富士河口湖町より

今日の富士山周辺は地上付近の風は弱いものの、3000m付近は20m/sを超える西風が吹いていて、笠雲を作り出しています。

今回は天気回復へ

7日の天気

今夜にかけては寒気が南下し、前線の雲は少しずつ離れていきます

今回の笠雲は、下り坂のサインではなく、むしろ天気はゆっくりと回復に向かうサインだったようです。

>>このあとの天気・気温

ライブカメラ動画でも捉えた!

関連記事

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事