健康産業新聞1652野田食菌a

野田食菌工業㈱(千葉県野田市)は、新第一工場が「日健栄協GMP認定工場」(原材料・製造工程・包装工程)に認定されたことを発表した。

同工場は新工場として2015年に竣工。最新鋭の製造設備を導入しているほか、無菌室を設置している。同社では、「引き続き、原料の受け入れから最終製品の出荷に至るまでの全工程において、製品の品質と安全性の確保に努めていく」としている。

同社は、シイタケ菌糸体培養培地抽出物『LEM』、霊芝菌糸体培養培地抽出物『MAK』、シイタケ醗酵米糠抽出物『LEF』を製造。来年設立50周年を迎える。10月に開催される「食品開発展2018」に出展する同社では、各素材を紹介するほか、イマチニブとの併用による臨床試験の研究結果を報告する。

本記事は「健康産業新聞 1652号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
健康産業新聞「企業ニュース」記事一覧
・【特集】健康食品GMP -「食衛法」改正、品質保証の重要性高まる-
・【健康食品GMP】機能性表示制度背景に取得企業増加 163社182工場に

■全面改定 「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中!■

2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。

Source: 健康産業新聞

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事