アマゾンを検索すれば、欲しい商品はだいたいヒットする。

この数億にのぼる圧倒的な品揃えを支えているのが、他の販売事業者がAmazonのサイトを借りて物品を販売する「マーケットプレイス」の存在だ。今回、アマゾンジャパンの招待を受けて、マーケットプレイスを利用するEC事業者にお話を伺う機会を得たので、お伝えする。

経営危機から一転、EC参入で売上190倍に

『売上の95%をECが占めている』と語るのは、「泉州タオル」を製造・販売するヒオリエだ。2004年頃に経営危機に陥っていた同社は、新しい販路の獲得に向けて2007年にECに参入。楽天やヤフーショッピング、Amazonなどにストアを出店し、売上を190倍にまで伸ばすことに成功した。

同社によると、Amazonマーケットプレイスの大きな特徴は「フルフィルメント」(FBA)だという。これは、Amazonの倉庫や発送サービスを借りて「お急ぎ便」や「時間指定便」などAmazonの直販商品と同じ発送サービスを利用できるというもの。巨大セールの「プライムデー」では大量の注文が入ると言うが、その際の発送も丸投げできるのは確かに便利だろう。

▲一番人気のホテルスタイルタオルは同社ECの人気商品。ホテルにあるタオルのような肌触りを売りにしている。

次に話を聞いたマルホ酒店は、明治末期に創業した酒屋だ。2015年にECに参入し、クラフトビールの詰め合わせなどがヒット。実店舗も展開しているが、今では売上の半分をECが占めている。

▲クラフトビールの詰め合わせは「父の日」の人気商品になっている

プロテインやフィットネス・トレーニング機器の製造から販売までを担っているのがFixitだ。同社も楽天など複数のモールを利用しているが、各モールに違いについては『顧客層が違っている。肌感覚では男性のお客さんはAmazonが強い』と説明する。また、前述のフルフィルメント(Amazon FBA)についても『Amazonの倉庫に入れたあとは(発送作業などは)放置できる』とメリットを語る。

▲Fixitの看板商品であるプロテインは、部屋に置いても違和感のないデザインに加え、1kgで2000円台というコストパフォーマンスの高さも売りにする

このように「何でも買える」というAmazonの圧倒的な品ぞろえは、Amazonの直販商品では成り立たず、他の販売事業者が支えている。販売事業者にとっても、販路を拡大するという意味で、ECモールに出店する意義は大きいようだ。また、Amazonは海外にまで販路を広げる「海外発送サービス」を開始するなど、事業者が商品を売りやすい環境整備にも注力している。

なお、日本のBtoCのEC市場は16.5兆円(2017年)で前年比9.1%増。今後も拡大が継続する見通しだ。

関連記事

Pixel 3 / 3XLの画像がダメ押しで流出。Pixel Slateのキーボード装着画像も

Facebook、ビデオ通話に特化した「Portal」発表。Alexaも搭載したスマートディスプレイ

マイクロソフトの最新テクノロジーがまるわかり「Microsoft Tech Summit 2018」が11月に開催

Ginco、DEX(分散型取引)に対応 アプリ内で仮想通貨をトレード可能に

ハッブル宇宙望遠鏡がセーフモードに。姿勢制御ジャイロ全6基中4基目の故障

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事