人気ロックバンド、エレファントカシマシの名曲が11月16日からJR赤羽駅の発車メロディに起用されることになった。

エレカシの曲が発車メロディとして流れるのは、宇都宮線(東北線)・高崎線・湘南新宿ライン。

代表曲である「俺たちの明日」(5番線:池袋・新宿・横浜・大船方面)「今宵の月のように」(6番線:大宮・宇都宮・高崎方面)の2曲が使用されるという。

清野とおる氏がデザインしたオリジナルポスター(全5種類)

エレカシは4人のメンバーのうち、宮本浩次さん(ヴォーカル・ギター)ら3人が赤羽出身、旧赤羽台中学校の同級生で結成された。ミュージックビデオやCDジャケット撮影の舞台などに何度もなっており、ファンにとって赤羽は「聖地」のような存在だ。

メンバーが地元愛を語ることも多い。宮本さんが、赤羽駅前の喫茶店で歌詞を書いたり、下積み時代、先に人気の出たスピッツやMr.Childrenなど、同世代のバンドの活躍が悔しく、深夜に赤羽を走ったというエピソードでも知られる。

今回の曲の起用は北区による、赤羽のシティプロモーション事業の一貫

「東京都北区赤羽」で知られる人気漫画家、清野とおるさんによるイラストのポスター5種類も制作されている。赤羽駅や商店街など各地でエレカシを全面に押し出したキャンペーンが実施されるという。

エレカシは、2017年3月21日にデビュー30周年を迎え、再度人気が加熱、同年末に初めての紅白出場を果たした。多くのヒット曲や根強い人気がありながらも「再びのブレイク」「遅咲き」と称されるロックバンドだ。

一方の赤羽も、「穴場」的存在から、「住みたい街」として近年、ブレイクしつつある。バンドと、街の存在感が、不思議とマッチした味わい深いコラボレーションとなっている。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事