SHIFTが発表した「マイグレーション実態調査レポート2018」によると、今後3年以内にITシステムのマイグレーションを検討している企業は全体の約40%に達することが分かった。レガシーシステムの保守運用にはIT予算全体の20~40%を充てる企業が多く、80%の企業が保守切れを課題としている。
Source: @IT

おすすめの記事