世界中の子どもたちに愛されるバービーシリーズに、障がいを持つバービーが新たに加わる。

CNNなどの報道によると、2019年6月に新しく発売されるシリーズの中に、車椅子を使うバービーと取り外しができる義足を持つバービーが誕生する。

 バービーを扱う玩具メーカーのマテル社(アメリカ)は公式Instagramで「私たちは世界で最も多様で包括的な人形をシリーズに加えることにワクワクしています」と、新シリーズへの期待を語った。

義足タイプのバービーは、生まれつき左腕がない13歳の活動家ヨルダン・リーブスさんとコラボし、車椅子タイプは、身体障害者用に設計されたものをモデルに専門家と共同設計したという。

https://platform.twitter.com/widgets.js

今年60周年を迎えるバービーシリーズは、肌の色や体型など、これまでにもダイバーシティー(多様性)やインクルージョン(包括性)を考慮した様々なタイプのバービーを世に送り出してきた。

2017年には、バービー人形がLGBTQをサポートをする「Love Wins(愛は勝つ)」Tシャツを着た写真を公式Instagramに投稿。セクシュアルマイノリティーの人たちをサポートをする姿勢を表明した

マテル社は「私たちはブランドとして、バービーを通して障害をめぐる会話を盛り上げることができます。いろいろなかたちの美しさやファッションについて、見方を深めていきます」とコメントを発表しているという。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事