結婚準備クチコミ情報サイト「ウエディングパーク」が、「花嫁が実際に使った・使いたい TOP20 WEDDING SONGS」を発表。音楽ストリーミング「AWA(アワ)」には、実際に各楽曲を聴くことができるプレイリストも公開されています。

ランキングには「わかるわ~」と誰もが納得しちゃう定番曲がわんさかあって、これから結婚式を控えている人にとっては参考になること間違いなし。

個人的には海外アーティストの楽曲が上位を占めていたのが意外でしたが、甲乙つけがたいほど名曲ぞろいとなっておりますよ~。

【まずはTOP20をチェキラ☆】

それではさっそくまいりましょう。気になるTOP20はこちらです☆

1位 『Sugar』 Maroon 5
2位 『Marry You』 Bruno Mars
3位 『Wedding March Part.2~The Bridal Chorus From The Opera Lohengrin~』 Q;indivi
4位 『バンザイ 〜好きでよかった〜』 ウルフルズ
5位 『未来へ』 Kiroro
6位 『Another Day Of Sun』La La Land
7位 『Happiness』 シェネル
8位 『家族になろうよ』 福山雅治
9位 『Beauty and the beast』 アリアナ・グランデ、ジョン・レジェンド
10位 『トリセツ』 西野 カナ
11位 『糸』 Bank Band
12位 『うれしい!たのしい!大好き!』 DREAMS COME TRUE
13位 『Wherever you are』 ONE OK ROCK
14位 『ひまわりの約束』 秦基博
15位 『幸せをフォーエバー』 MISIA
16位 『ありがとう』 いきものがかり
17位 『Ki・mi・ni・mu・chu』 EXILE
18位 『What Makes You Beautiful』 One Direction
19位 『ベイビー・アイラブユー (English Ver.)』 シェネル
20位 『Dear Bride』 西野 カナ

さていかがでしょうか。あなたが結婚するときに使いたい、もしくは既に使ったという曲は、いくつあるでしょう?

【1位と2位には納得しかないっ】

当たり前かもしれませんが、こうしてみるとやはりラブソングが多め。

特に「キミの愛に浸っていたい」「僕の人生には少しの甘さが必要だからキミのシュガーを落としてほしい」といった甘々な歌詞と、結婚式にバンドメンバーがサプライズ登場するMVが話題になった1位の『Sugar』

そして「キミと結婚したいんだ」と直球に歌い上げる2位の『Marry You』は、テッパンソングと言えるかもしれません。

【あのラブソングが「別れの歌」だって知ってた?】

ところで……あなたはこれまで参加してきた結婚式の中で、流れた楽曲に「おや?」と違和感を感じたことはあったでしょうか。

わたしにとっての “違和感曲” は、「えんだああああああ」というサビでおなじみ、ホイットニー・ヒューストンさんの『I Will Always Love You』。映画『ボディガード』の主題歌として世界的ヒットをしたこちらは、「あなたをずっと愛してる」というタイトルからしてロマンチック。

ですが歌詞をよ~く読んでみると、別れの歌だということがわかるんですよ。別れてもずっと愛してると、切々と歌い上げているんです。

この事実を知って以来、結婚式で「えんだあああああ」を聴くとビミョーな気持ちになってしまうのでした。ってなわけで、これから結婚式で使う楽曲を探す予定のあるみなさんは、歌詞の内容にくれぐれもお気をつけて~!

参照元:プレスリリースAWA
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]