紀平梨花

フィギュアスケート・グランプリ(GP)ファイナルの女子ショートプログラムで12月6日、紀平梨花(16)がルール改正後の世界最高得点となる82.51点を記録し、首位に立った。GPファイナル連覇を狙う平昌五輪金メダリスト、アリーナ・ザギトワ(16)は77.93点で2位。

GPシリーズデビュー戦から2連勝の紀平は、冒頭の3回転アクセルを決めると、その後の3回転フリップー3回転トーループのコンビネーションジャンプなども成功。ほぼノーミスで、圧巻の演技を披露した。

試合後の記者会見で紀平は、リンクに立った時の心境について、「グランプリファイナルという大舞台であることは特に意識せず、自分の演技に集中して完璧に滑ることだけ考えた」とコメント。「ジャンプのイメージだけをしていたので、特に緊張することはなく良い状態でできた」と振り返った。

https://platform.twitter.com/widgets.js

得点については、「想像以上の点数が出て本当に嬉しい」と述べ、「これからも、この点数を見て伸びしろがあるかなど、ジャッジスコアを見てどこを伸ばしたらいいか確認したい」と語った。

日刊スポーツによると、2005年の浅田真央以来、シニアデビュー1年目でファイナル制覇を成し遂げた日本選手はいない。13年ぶりの快挙を成し遂げることができるか、注目が集まる。

SPの模様は、7日午後7時30分からテレビ朝日系で放送予定。女子フリーは日本時間9日に行われる。

点数を見て喜びをあらわにする紀平。


Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事