Nerve cell anatomy in details. 3D illustration

D Bakerたちは今回、老化細胞の蓄積と認知機能に関連するニューロンの消失の間には、因果関係があることを明らかにしている。タウ依存的な神経変性疾患のマウスモデルでは、老化したアストロサイトやミクログリアの蓄積が認められた。これらの細胞が生じたときに除去することで、グリオーシス、神経原繊維変化の沈着、大脳皮質や海馬のニューロンの変性が抑制され、認知機能が維持された。老化細胞を標的とすることで、神経変性疾患の新たな治療の道が開かれる可能性がある。

Nature562, 7728

原著論文:

Clearance of senescent glial cells prevents tau-dependent pathology and cognitive decline

doi: 10.1038/s41586-018-0543-y

【関連記事】

Nature562, 7727 

Nature562, 7725 

ここはどこ?

Nature562, 7725 

体性感覚皮質は脊髄での触覚情報処理を調節する

Nature561, 7724 

運動で生じる音を抑える仕組み

Nature561, 7723 

Nature 個人購読について

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事