どうせ毎日飲むなら、少しでも体に優しいものをいただきたいものです。

もしもあなたも同じように考えていて、コーヒー党ならば、おススメしたいのが新発売された無印良品のオーガニックコーヒー

「オリジナルブレンド」「ダーク」「ラテ用ブレンド」「カフェインレス」という4種類のラインナップで、2019年3月13日から全国の無印良品とネットストアで販売を開始しているんです。

【どこまで「オーガニック」なの?】

無印良品のオーガニックコーヒーは、過去3年以上にわたって、殺虫剤や除草剤、化学肥料などを使用していない土地で栽培。豆の焙煎をはじめ、加工段階でも添加物、加工補助剤などを使用していないとのこと。

【それぞれどんな味がするの?】

もっとも気になるのは、その味ですが……。

無印良品によれば、「オリジナルブレンド」は有機アラビカ豆を中煎りにしていて、まろやかな香りとすっきりとした後味が特長とのこと。苦み・コク・酸味ともに平均的な味わいで、飲みやすいそう。

「ダーク」は、有機アラビカ豆を深煎りにしていて、深いコクとほどよい苦みが特長。香ばしくしっかりとした味わいを好む人に、おススメのコーヒーだそうですよ。

「ラテ用ブレンド」は、有機アラビカ豆を極深煎りにした、カフェラテ用にブレンドした1品。しっかりとしたコクがあるので、温めた牛乳を加えてもコーヒーの味をしっかり感じられるそうなんです。

そして「カフェインレス」は、カフェインを97%カットしているところが最大の特長といえるでしょう。有機アラビカ豆を深煎りにし、ほどよいコクとさわやかな酸味のある味わいに仕上げられているそうで、さらっと飲めそう~!

【今なら安く買えるチャンス☆】

コーヒー豆の産地はすべて、寒暖差が激しく、豊富な降雨量を誇る、中南米のコロンビアホンジュラス。豆は日本に運ばれて、国内の工場で焙煎ブレンドしているといいます。

「オリジナルブレンド」「ダーク」「ラテ用ブレンド」には、コロンビアとホンジュラス両方の豆を。「カフェインレス」にはホンジュラスの豆を使用しているということで、その違いを楽しみたい方は、何種類かまとめて購入するのも良さそうです。

また、4種類のコーヒーは、それぞれドリップバッグ、粉、豆とラインナップがあり、お値段は税込み390円から690円と比較的リーズナブル。

3月15日からは無印良品メンバーなら10%OFFになる「無印良品週間」がスタートしますし、試すなら今かも! ぜひもお試しあれ~。

参照元:プレスリリース無印良品
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事