アメリカ・ニューヨーク発のコスメブランド「Glossy Pops」のサイトに掲載された、チュッパチャップスを連想させる “棒付きキャンディー” を手にした女の子たちの姿。

「コスメブランドなのに、どうしてキャンディー?」と不思議に思っていると……。なんとこのキャンディーに見える物体がメイクアイテムだというのだからビックリ。

驚くことに2WAYだというこのアイテムは、 “キャンディー側” がリップで、 “棒側” がリップグロスという特別仕様。1本持っているだけでパパっとリップを整えることができる、超優れものなのです~!

【この構造は新しい~!】

“キャンディー側” のまあるい部分をパカッと開けると、ケース同様にまあるいフォルムのリップが登場。

一方 “棒側” は、棒自体がリップグロスのキャップの役割を果たしていて、 “キャンディー側” の先端を手に持ちすっと引き上げると、リップグロスが出てくる仕組み。

【塗りにくそうにも見えるけれど…】

リップの先端が飴玉のように丸くなっているため、塗りにくそうに見えてしまいますが、SNSなどに公開されている動画を見るかぎりでは難なく塗ることができそう

心配ならば、指の腹に塗布してポンポンとくちびるに置いていくように塗るのも、アリなんじゃないかと思います。

【ビジュアルがかわいいとアガる~~~♡】

ビジュアルが120%かわいい「Glossy Pops」の2WAYリップは、とっても種類が豊富。リップ自体のカラーバリエーションはもちろん、ケース自体のデザインもそれぞれ異なるので、どれにしようか小一時間悩んでしまうほどです。

リップケースの中には、 “棒側(リップグロス側)” の先端にユニコーンやストロベリーなどの愛らしいチャームが付いているものもあって、SNS映えバッチリ。メタリックな質感がミラーボールのようにも見えて、キラキラで華やかなところもたまりません。

【日本上陸して!!!!!!!】

パーティーやクラブイベントの場に持参したら、高確率で「それどこの?」と聞かれて、あっという間に人気者になれそうな予感♪

価格も18ドルから25ドルと比較的プチプラですし、さっそくゲットしたいところですが……。残念ながら、今のところ日本からは購入できないようなんです。どうか1日でも早く、日本上陸を果たしてほしいです……!

参照元:Glossy PopsInstagram @glossypops
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事