自力で脱出不可能な無人島、旧日本軍施設が眠る要塞、とある富豪の莫大な遺産をかけたゲーム……と聞くと、まるでミステリー小説や映画の世界のお話みたい。「『金田一少年の事件簿』かな?」なんて思ってしまいますよね。

そんな究極の設定での謎解きゲームが現実に開催されようとしています!

それが2018年10月6日・7日・8日に神奈川県横須賀市にある無人島・猿島で開催されるイベント「無人島からの脱出~誘惑の殺戮島(インフェルノ)~」。現在、この悪魔のデスゲームへの参加者を募集中なんですが……皆さんは参加してみる勇気ある?

【舞台となるのは本物の無人島】

港から船で10分の本物の無人島・猿島は、もともと旧日本軍が使っていたという海の要塞。砲台跡地や弾薬庫跡地など約170年前の雰囲気が今も残っているのだとか。……もう会場からして完ぺき!?

ここを舞台に、参加者たちは物語の世界に入り込んで、4人1チームとなって謎を解いて、事件を解決していくこととなります。

【富豪の遺産をかけたデスゲーム】

気になるストーリーは次のとおり!

「このゲームに勝利したものに私の遺産のすべてを相続させよう」。とある富豪の莫大な遺産をもとめてこの無人島で開かれる遊戯(ゲーム)に集まった者たちを待ち受けていたのは、参加者たちが殺し合う悪魔のデスゲームだった。あなたはこの殺戮島から生きて帰ることができるのだろうか?

……って、やっぱり『金田一少年の事件簿』に出てきそう!! これはどこかで物音したからって見に行ったらやられるやつ! 途中で仲間割れしてひとりになるのもアウト! いわくありげな過去を持ってますよアピールもダメ! ちょっと、マジでどうしたら生きて帰れるのーーーっ!?

【前売券が発売中!】

チケットは前売券3000円で現在「イープラス」で販売中(当日券3500円もありますが、前売券が完売した場合は当日券の販売なし)。集合時間など詳細は参照元でご確認を。

ちなみに、イベント終了後に猿島から帰る船便は2本しかないとのこと。乗りそびれたらどうなるか……謎解きゲーム以上に怖いかも?

実際の無人島を使っての謎解きゲームは臨場感も満点。自分がミステリー小説の主人公になれるひとときは、ちょっと他では味わえない思い出深いものとなることでしょう!

参照元:無人島からの脱出~誘惑の殺戮島(インフェルノ)~プレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事