ジャニーズ事務所といえば、肖像権や写真利用に関してとにかく厳しいことで有名。ジャニーズタレントが表紙を飾る雑誌がネット上で紹介されるたび、軒並みグレーに塗りつぶされていることは、おそらくみなさんもご存知のことと思います。

そんな点に細かな配慮を見せているのが、かつてジャニーズ事務所に所属していた川崎麻世さんのツイッター。

2018年8月29日に投稿されていたのは、 “マッチ” こと近藤真彦さんと、 “よっちゃん” こと野村義男さんという、かつての事務所の後輩2人とのスリーショット写真……ではなく、スリーショットイラスト

写真ではなく写真を再現したイラストを掲載している点、しかも “のっぺらぼう” 状態で描いている点にも、並々ならぬ心遣いを感じてしまいます。

【さすが元ジャニーズ!】

久しぶりに語り合ったという3人は、この日記念写真を撮影したとのこと。

「ジャニーズ時代の後輩のマッチとかなり久しぶりに語った。今では天下のジャニーズの一番の古株でスーパーアイドル達の大先輩の彼はうざい先輩の俺など逢いたくないのではと思っていたが、スーパー喜んでくれた。合宿所で同じ釜の飯を食った兄弟との再会は嬉しかった。そこによっちゃん登場で記念写真」

というつぶやきに添えられていたイラストは、おそらく構図を再現しながら川崎さん自身がせっせと描いたものと思われ、 “いい人” 感がにじみ出ているかのようです。 “大人の事情” ってやつなのでしょうが、こういったことができるのは、ジャニーズの事情知り尽くしているからこそ……!

【ファン「柔らかい物の上でかいたんですね」】

しかし配慮が行き届きすぎていて、イラストを見れば見るほどジワジワきてしまうことは否めません。

川崎さんの “のっぺらぼうイラスト” 投稿のリツイート数は4800超、ついた「いいね」の数は9700超で、コメントもたくさん集まっている模様。中には

「柔らかい物の上でかいたんですね」

といったコメントもあり、さらなる笑いを誘ってきます。だって川崎さんのイラスト、「マッチ」と書かれた文字の筆圧が強すぎて紙を突き破りそうなところといい、明らかに “柔らかいものの上で描きました” って感じなんですもの……。

【ある意味、写真よりレアかも】

そのほかにも

「実際の写真を拝見できないのは残念ですが、想いは伝わりますよ」
「ちゃんと誰か分かるようにしてもらえるとは、電子書籍の雑誌より丁寧です」
「大人になっても大人の事情で写真が出せない(笑)」
「ほっこりしました」

といった具合に、川崎さんの投稿にみなさん和んでいる様子。実際の写真を見ることができないのは残念ですが、イラストのほうがある意味レアなので、これはこれでありがたいですね!?

参照元:Twitter @kawasakimayokun
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事