アメリカ・ウィスコンシン州にある野生動物リハビリセンターで救助された動物が注目を集めている。

保護・救助されたのは、5匹のリス。BCCによると、母リスが巣を作るために使った草やプラスチックのかけらが尻尾に絡み合ってしまったという。

リスにとって尻尾は、体のバランスや暖かさを保つために大切な部分。保護したリハビリセンターは、可能な限り尻尾を傷つけないように救助したとFacebook投稿に綴っている。

麻酔をかけられたリスたちは、約20分で絡み合った尻尾から解放された。尻尾が絡まっていた間、血液の循環が遮断されていたため、尻尾が壊死していないか見守る必要があるが、治ったら自然に戻す予定だという。

救助したリハビリセンターのFacebook投稿は1200以上シェアされており、「助けてくれてありがとう!」「早く回復しますように」などのコメントが寄せられている。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事