ピザが食べたいけど、カロリーや脂肪分が気になる……という人は多いはず。

2018年9月10日に発売されたばかりの「BEYOND PIZZA(ビヨンドピザ)」(158円 / 以下すべて税別)は、 “ピザの進化系” と呼べる逸品。

作っているのはお豆腐でおなじみの相模屋で、グルテンフリー(小麦粉不使用)かつ乳製品不使用、大豆から作った植物性100%のピザだというのだから驚かされます。

発売前に相模屋から商品を頂いたので、さっそく食べてみることにいたしました!

【チーズに見えるのも全部「豆腐」】

まず驚いたのは、その見た目! 油揚げにチーズのようなものが乗っかっているだけにしか見えず、若干不安になってしまいます。というか、乳製品を使っていないのに、このチーズみたいなものはなに~!?

調べてみると、チーズみたいなものの正体は、同じく相模屋が3月に発売した「BEYOND TOFU(ビヨンドトウフ)」という、チーズそっくりな豆腐とのことで、いやあなた、チーズみたいな顔して豆腐だったんか~い!

プレミアム豆乳「低脂肪豆乳」を発酵の技術を取り入れてつくったお豆腐とのこと。乳製品は一切使用せずチーズのような食感や質感に仕上がっていて、植物性100%とは思えないほど濃厚でコクがあるといいます。さらに驚くのは「熱するととろける性質がある」という点!

【生地は油揚げそっくり】

一方、油揚げにしか見えないピザ生地はというと、「外皮はカリッと中はもっちり」な食感に仕上げているとのこと。お豆腐の専業メーカーとして培ってきた独自技術を活かしているらしく、オーブントースターで焼くだけで、ピザ生地のクリスピーな食感が再現されるというんです。

【一口食べた感想「えっ…チーズじゃん!」】

あまりにも “未知の食べ物” すぎてドキドキしますが、指定どおりオーブントースターで6分焼いて(ほんのり焼き目がつくまでが望ましいみたい)、いざ実食!

すると……ピザ生地はやはり見た目どおり油揚げの味がするのですが、食感は超サックサクだわ、「BEYOND TOFU」がとろりととろけて完全にチーズの味わいを再現しているわで、感動がすごいっ!!!!!

特に「BEYOND TOFU」のチーズっぷりは予想をはるかに超えておりまして、とろけて伸びるし、塩気もしっかりあるし、豆腐由来とは思えない濃厚なコクもあるし、豆腐感はゼロ。

一方で、乳製品独特の匂いや後味が残る感じは一切なく、普通のピザよりお腹が軽~い!

【低カロリーだから超ヘルシー】

「BEYOND PIZZA」、カロリーは1袋176kcal♪ ちゃんと「ピザを食べた」という満足感を得られるので、健康志向の方はもちろん、ダイエッターにとっては強い味方となってくれるのではないでしょうか。

【トッピングでアレンジを加えてみました】

「BEYOND TOFU」がチーズに何かを混ぜて、よりあっさりクリーミーにしたような味わいなので、野菜とよくマッチしそう。というわけで2枚目はアレンジを加えて、フレッシュな2色のパプリカをトッピングしてみました。

焼きあがった後にブラックペッパーをかけて食べたら、案の定お野菜との相性は抜群。そしてワンハンドで食べられるから、おやつやおつまみにも最適かも~!

【チーズに擬態した豆腐のスゴさに驚きっぱなしでした】

後味があっさりしているため、海苔などの和風食材ともきっと相性がいいはず。ひょっとしたら同じ大豆仲間の納豆を乗せて食べてみるのも、面白いのではないでしょうか。

実際に食べてみると、ピザ生地は食感にこだわった油揚げ、そして具材はほぼ100%チーズといった印象でした。そして食品として間違いなく美味しかったので、リピ買い決定でございます。

とにかく乳製品が使用されていないことが信じられないほどのチーズ感が衝撃的だったので、みなさんにもぜひこの感動を味わってほしいお……!

参照元:プレスリリース
撮影・執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事