スポンサーリンク

記者会見に臨む安田純平さん

シリアで3年4カ月間拘束され、2018年10月25日に帰国したフリージャーナリストの安田純平さん(44)が、11月2日、東京都千代田区の日本記者クラブで解放後に初めて記者会見した。

安田さんの会見で配布された、拘束から解放までの安田さんの足取りと経緯は以下の通り。安田さんの記憶に基づいたメモだという。

2015年

6月22日 深夜にトルコから徒歩でシリア入り。ホブス工場に入れられる

23日 近くの民家に監禁

26日 深夜、車で移動し、集合住宅の地下牢に入れられる。

29日 一戸建ての民家に移動

12月7日 「日本に送るから個人情報を書け」と言われ書かされる

2016年

1月6日 家族からの質問項目の答えを書かされる

1月16日 別の一戸建ての民家に移動

1月19日 同じ質問項目の答えを再び書かされる

3月15日 動画撮影

5月9日 別の民家に移動

5月14日 ジャンダルマ?(憲兵隊?)拘束

5月23日 オレンジTシャツを着て、手書きメッセージを持って写真撮影

7月10日 「ジャバル・ザウイーヤ」の巨大収容施設(地上5階、地下1階?)へ移動

2017年

10月17日 動画撮影(2018年7月22日報道)

2018年

3月31日 ロの字型・平屋のトルキスタン部隊の施設に移動

6月半ば 「ウマル」の動画撮影(7月17日報道)

7月5日 イタリア人の囚人が同じ施設に入れられる

7月25日 「ウマル。韓国人」の動画撮影(7月31日報道)

9月4日ころ 動画撮影(未公開?)

9月29日 「ジャバル・ザウイーヤ」の巨大収容施設(地上5階、地下1階?)へ移動

10月22日 一戸建て民家に移動

10月23日 「今からトルコ」と言われ車で移動したあと、トルコ情報機関の車に乗り換えてアンタキヤの入管施設に運ばれる

Source: HuffPost Japan

スポンサーリンク
EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事