天空の城として有名な兵庫県の竹田城跡

その竹田城から見える雲海が食べられるようになりましたぞ〜。ふわっふわのわたあめをソフトクリームの周りにグルっとトッピングした、その名も「もふもふアイス」。見た目のインパクトがすんご〜いっ!

【合言葉は雲海食べちゃお♪】

2018年9月15日から11月25日の期間限定で販売される、TAKEDA SWEET CLOUD「もふもふソフト」(税込600円)。兵庫県朝来市にある旧木村酒造場「EN」、もふもふソフトスペシャルワゴンにて、土・日・祝日限定で販売です。

竹田城跡の雲海は天候によって見られないこともあるそうで、雲海に出会えなかったお客様にも楽しい思い出を、との想いから開発されたそう。

【トッピングこだわってます】

コーンに乗ったバニラソフトには「ピスタチオ&抹茶クランチ」がトッピングされ、山々の緑が目に浮かぶよう。「石垣みたいなウエハース」も竹田城跡の様子を表現しています。

そして何より雲海をイメージしたわたあめの存在感! 爽やかなスカイブルーが可愛い〜って思う前にボリュームに驚かずにいられませんっ。

ポスターでアイスのコーンを持つモデルさんの指が雲海に埋もれ、ソフトクリームの頂上付近がひょこっと出ている程度ではないですか!このボリューム、完食後の満足感すごそう♡

【食べやすそうだよ】

「わたあめ食べきる前にアイスが溶けちゃわないかな…」なんて夢のないギモンが浮かんでしまう私。もふもふソフトの公式インスタグラムを見ると、わたあめがソフトクリームに着かない程度にコーンに巻かれている写真を発見しました。これなら、わたあめがドロドロにならず、最後まで爽やかに食べきれそうですね。

竹田城跡を訪問予定の乙女の皆さま、思い出作りにいかが〜♪

参照元=プレスリリースもふもふソフト特設サイトInstagram @takeda_mofumofu
執筆:入江ゆうり(c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事