29日(土)3時現在、大型で非常に強い勢力の台風24号(チャーミー)は、沖縄の南を北上しています。沖縄本島地方が暴風域に入っています。

台風が接近している沖縄本島地方では風が強まっており、那覇市の沖縄気象台では6時55分に最大瞬間風速50.8m/sの暴風が観測されました。

▼台風24号 9月29日(土) 5時推定

 存在地域   宮古島の東約150km

 大きさ階級  大型

 強さ階級   非常に強い

 移動     北 15 km/h

 中心気圧   950 hPa

 最大風速   45 m/s (中心付近)

 最大瞬間風速 60 m/s

>> 最新の台風情報

沖縄本島では今日一日 暴風雨が継続

台風はこの後、少しずつ東よりに進路を変えて、勢力を再び若干強めながら北東に進む予想です。既に暴風域に入っている沖縄本島には今日夕方前後、奄美大島には今日深夜に最接近する見込みです。

沖縄本島接近時の中心気圧は945hPa、奄美大島接近時には935hPaとなる予想で、中心付近の最大風速が50m/sに達するとみられています。

沖縄本島では、ほぼ丸一日台風の暴風域に入ったままとなる見通しで、風雨の強い状態が続く予想です。29日(土)の外出は控えるようにしてください。

沖縄から離れるとスピードアップ

その後は上空のジェット気流に乗って加速し、明日30日(日)には非常に強い勢力のまま、四国や近畿に上陸する予想です。

その後、明後日10月1日(月)にかけて日本列島を縦断するような進路をとる予想で、全国の広い範囲に大雨や暴風の影響を及ぼすおそれがあります。

>> 3つの気象機関による進路予想

西日本や東日本では、今日29日(土)から秋雨前線の活動が活発になって、台風接近前から雨が強まる所がありそうです。

総雨量は多い所で400~500mmに達する予想で、土砂災害や河川の増水に警戒が必要です。また、北海道胆振東部地震の影響が大きかった地域でも、明後日10月1日(月)頃に雨が強まり、総雨量は100mmを超える可能性があります。

中心から離れていても暴風に警戒

台風24号のシミュレーション結果をもとに、風の予想を可視化しました。

上空の風の予想

※ページ内で再生が出来ない場合は、https://youtu.be/OaMudtNHd80からご覧ください。

大型の台風のため強風域が広く、また速度を上げることで進路の右側(危険半円)ほど、台風の中心から離れていても暴風のおそれがあります。

特に、東海地方や関東地方、東北地方の太平洋側では、特に暴風に警戒が必要です。

>> ピンポイント天気予報

台風の名前

台風の名前は、国際機関「台風委員会」の加盟国などが提案した名称があらかじめ140個用意されていて、発生順につけられます。

台風24号のチャーミー(Trami)は、ベトナムが提案した名称で、バラ科の花の名前です。

動画解説

※24時間生放送の天気予報専門番組「ウェザーニュースLiVE」より

※ページ内で再生が出来ない場合は、https://youtu.be/30EbOo5Uzm4 からご覧ください。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事