誰もが一度は憧れるディズニープリンセス! そんな夢を現実に叶えてくれるドレスがありました。それはウエディングドレスメーカー・クラウディアの「ディズニー ウエディングドレスコレクション」です。

これまでは「THEディズニープリンセス♪」という可愛らしいデザインが多かったのですが、第3弾は大人の上品さを兼ね備えたプリンセスドレスが登場。甘すぎず、だけどディズニーファンのツボもちゃんと押さえた魅力的なデザインばかり。

さらにさらに、今回は男性側のタキシードにもご注目! こちらも人気作品の王子をモチーフにしたデザインが続々と登場したのです! 今回は発表会に呼ばれたので実際に見に行ってきましたぞ♪

【コスプレ感なし!5作品の上品なウエディングドレスが登場したよ】

第3弾のテーマは「フェアリーテイル」です。

「ピーターパン」に登場する妖精・ティンカーベルのドレス4種を中心に、「美女と野獣」のベルのドレス1種、白雪姫のドレス2種、ラプンツェルのドレス3種、「眠れる森の美女」のオーロラ姫のドレス2種の全18種が登場しました。

これまでと違って淡い色合いが多く、どのドレスも挑戦しやすそう。そして、どのドレスも控えめだけどちゃ〜んとプリンセスのポイントを押さえています。例えばラプンツェルなら立体的な小花が散りばめられていたり、美女と野獣のベルなら胸元にバラが添えられていたり……。

また個人的にグッときたのは、白雪姫のレトロ風ウエディングドレスです。白雪姫は最も歴史のあるディズニープリンセス。それに合わせて、あえてクラシカルなデザインにしているそう。レース使いがとても綺麗でつい目で追ってしまいました。

【ティンカーベルのウエディングドレスは間違いなく魔法がかかっている】

今回登場した4種ティンカーベルのドレスの中で、最も魅力的だったのが、ティンカーベルをイメージした優しいグリーンのドレスです。


ティンカーベルのランダムカットされたスカートを取り入れ、ドレス裾はティンカーベルの羽根をイメージ。裾にかけて色がグリーンからブルーのグラデーションになっています。さらに、ドレスには細かいラメチュールが散りばめられ、まるで妖精の粉のような雰囲気も! くるくると回るたびにキラキラと輝きます。

さらにこのドレス、歩いているときは、まるで空を飛ぶティンカーベルのように、不思議と浮いているように見えるのです。ふわふわとした裾と奥行きのある色合いのせいでしょうか。実際に着用してステージに登場した女優の倉科カナさんは、本物の妖精のような愛らしさでした!

【タキシードのデザインも凝っている!】

そして、意外とグッときたのが新郎の「タキシード」です。

「美女と野獣」「塔の上のラプンツェル」「眠れる森の美女」「白雪姫」のプリンスと「ピーターパン」をイメージした全6種が登場。それぞれのキャラクターを再現したデザインは、どれもドレスに負けずオシャレで魅力的です。

そして、ドレスとタキシードを身にまとった男女が登場すると、さらに魅力が倍増。統一感が生まれ、物語の世界観を感じ、ディズニーの物語のように幸せな結婚生活が送れそうだな……と思えるのです。

【全国のホテル・ドレスショップで取り扱われます★】

今回発表されたコレクションは2018年11月1日より、全国のホテル・ドレスショップで予約が開始されます。レンタル価格はドレスが30万円〜、タキシードが10万円〜を予定しているそうです。

詳しくはドレスメーカー「クラウディア」の公式サイトをチェックしてみてくださいね!

参考リンク:クラウディア(C)Disney
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事