連日の猛暑に参っているのは、人間だけではありません。動物園に暮らす動物たちだって、アイスクリームが溶けるようにデロ~ンととろけてしまっているとか、いないとか……。

2018年7月20日、朝日新聞出版より発売されたのは、脱力系どうぶつ写真集『きょうもバテてます』(税込み1080円)。

タイトルそのまま、写真集には暑さにバテ気味の動物たちが数多く登場しておりまして、「気持ちわかるよ……」と共感してしまうこと間違いなし。上野動物園の人気者、赤ちゃんパンダのシャンシャンの写真も4枚収録されているらしく、シャンシャンファンにとっても必読ものなんです。

【報道カメラマンが撮影しているんだって】

暑さにバテバテのレッサーパンダ、ひっくり返って休憩するカンガルー、プールに浸かって恍惚の表情を浮かべるジャイアントパンダ、まったりと日向ぼっこするミーアキャットたち……。

夏の動物園でありがちな光景がずらりと並ぶ写真集は、まさしく “脱力系” !

興味深いのは写真を撮影しているのが報道カメラマンだという点で、普段は鬼気迫る瞬間を収めているであろうカメラマンたちがこのゆる~い光景を撮ったのかと思うと、ギャップにじわじわきちゃいます。

【見ているこちらまで脱力&リラックス】

舌を出しっぱなしにしたまま寝そべったり、両脚をおっぴろげてくつろいだりする動物たちを眺めていると、自然と心身ともに緩んでくるから不思議。観ているほうも “脱力系” にさせる魔法のようなものが、この本には秘められているような気がしてなりません。

【やる気があるふりができるアイマスク付いてます】

そしてすっかり脱力してやる気がなくなってしまった人をサポート(?)してくれる付録がついてくるのも、『きょうもバテてます』のいいところ。

巻末にあるのは、切り取って使える「あかちゃんパンダ やる気あるふりアイマスク」。居眠りしたい時などにこっそり着ければ、たちまち “やる気があるふり” ができる優れものなんです。

【お疲れ気味の大人にこそ読んでほしい1冊です】

目もとだけパンダになってしまうため、相手も脱力していないかぎり秒でバレちゃうことは確実ですが、場を和ませることは間違いなしっ。

付録まで含め、『きょうもバテてます』は暑さでやる気の出ない今だからこそ、手元においておきたくなる1冊となっています。小さなお子さんにはもちろん、毎日頑張って働いている大人のみなさんにこそ、強くおススメしたい……!

参照元:プレスリリースAmazon.co.jp
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]