経済企画庁長官などを歴任した作家の堺屋太一さんが2月8日、多臓器不全のため東京都内の病院で亡くなった。83歳だった。共同通信NHKニュースが10日に報じた。

堺屋太一さん(1999年撮影)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusなどによると、堺屋太一さんは1935年7月13日、大阪市生まれ。東京大学経済学部を卒業後、当時の通産省に入り、大阪万博や沖縄海洋博などの企画に参加した。

在職中に書いた経済社会の潮流を洞察した小説が話題となり、1976年の「団塊の世代」はベストセラーに。その結果、「団塊の世代」は、第2次大戦後のベビーブーム時代に生まれた世代を指す言葉として定着した。

1978年に退官し、執筆に専念。民間人閣僚として1998年の小渕内閣、2000年第1次・第2次森内閣で経済企画庁長官を務めた。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事