四国乳業(愛媛県東温市)は、プロバイオティクスヨーグルト『8020ヨーグルト』が機能性表示食品として受理された。9月末の発売を予定している。関与成分はラムノーザス菌L8020株(ラクトバチルスラムノーザスKO3株)、受理された届出表示は「口腔内環境を良好に保つ働きを助ける機能」。

健康産業新聞1652四国乳業8020

同社は昨年に、難消化性デキストリンを含む『黒烏龍茶』、今年に入りビフィズス菌BB-12を含む『毎朝ビフィヨーグルト』が受理されており、機能性表示食品は3品目となる。

L8020乳酸菌は、広島大学二川浩樹教授が発見したう蝕の罹患歴のない人の口腔内の唾液サンプルから発見したヒト由来の乳酸菌。ヒト由来の為口内に安定して定着し、抗菌ペプチドを産生することで虫歯菌、歯周病菌の有意な抑制効果を発揮することがヒト試験にて確認されている。

本記事は「健康産業新聞 1652号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

<関連記事>
健康産業新聞「企業ニュース」一覧
・【特集】殺菌乳酸菌 体感性の強さとハンドリングの良さで各社供給拡大
・【特集】乳酸菌 成長止まらぬ拡大市場 機能性で菌株を選択するステージに突入
・口腔内領域で初の受理『ロイテリヨーグルト』

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中!■

2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。

Source: 健康産業新聞

おすすめの記事