厚生労働省は先月22日、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」の報告書案を示した。ビタミンD の目安量を引き上げるなどの各種見直しを行う。「日本人の食事摂取基準」は、健康増進法に基づき、国民の健康の保持・増進、生活習慣病の予防を目的とし、エネルギーおよび各栄養素の摂取量の基準を定めたもの。新基準では、さらなる高齢化の進展を踏まえ、生活習慣病の発症予防および重症化予防に加え、高齢者の低栄養予防やフレイル予防も視野に入れて策定に着手。検討会委員の意見交換を踏まえ、今回の報告書案を示した。

タンパク質の推定平均必要量について、全年齢区分で同一のタンパク質維持必要量(0.66kg/体重/日)および利用効率(90%)を用いて算定し、フレイル予防の観点からの策定については、目標量(総エネルギー摂取量に占めるべき割合)で対応することが示された。また、食事改善の計画および実施を行う現場で活用されることを踏まえ、不可欠アミノ酸(必須アミノ酸)の必要量を参考情報として盛り込んだ。

ビタミンDについては、摂取量の日間変動(摂取するものが日によって変わる現象)が非常に大きく、かつ、総摂取量の8割近くが魚貝類に由来することから、特殊性を考慮し、18歳以上の目安量は男女とも8.5μg/日とした。日照暴露時間に伴うビタミンDの産生については、参考までにとどめた。

ナトリウムの食塩相当量の目標量は、18歳以上の男性は、1 日摂取目安量8.0gから7.5gに、女性は7.0gから6.5gに引き下げる案が示された。国内外の関連学会のガイドラインを検討した結果、高血圧および慢性腎臓病(CKD)の重症化予防のための食塩相当量は男女とも6.0g/日未満としている(続く)。

本記事は「健康産業新聞 1663号」に掲載。「健康産業新聞」(月2回発行/1号あたりの平均紙面数は約50頁)定期購読のお申し込みはこちら

 <関連記事>

・【特集】オーガニック&ナチュラル ー新たな需要に市場拡大の予兆-

・【特集】水素―市場規模、2年連続縮小の183億円

・【特集】プラセンタ、美容素材の代表格に成長 -インバウンド需要が市場拡大に貢献

■「受託製造企業ガイドブック2017年版」 好評販売中■

受託製造企業ガイドブック2017健康産業新聞a2012年版を全面改定し、「機能性表示食品への対応」を追加。各社の概要、特色、業況、連絡先がこの一冊に。健康食品・化粧品の製造、各種試験・分析依頼、原料調達などに、ぜひ本書をご活用ください。⇒詳細はこちら!

 

Source: 健康産業新聞

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事