ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」を運営するZOZOの前澤友作社長が1月13日、心臓病の3歳の子どもを救うキャンペーンに協力を始めた。自身の寄付に加え、キャンペーン主催者のアカウントが書かれた自身のツイートのリツイート数に応じて、1RTに付き10円寄付をするという。

https://platform.twitter.com/widgets.js

今回の協力は、前澤氏へ協力を求めるネットユーザーの呼びかけに応えたものとみられる。

この日の朝、TBS系「サンデー・ジャポン」は拡張型心筋症という心臓の病気と闘う、上原旺典くん(愛称:おうちゃん)とその家族を特集。寄付を呼びかけるサイトによると、目標募金額は3億5千万円だという。

Twitterにはテレビを見たユーザーらから前澤氏宛に、「お年玉企画の第2弾を考えているなら、おうちゃんを救うために、そのお金を使ってあげてほしい」「おうちゃんを助けてあげて」などのコメントが寄せられていた。

これらの投稿に前澤氏は「いろいろ調べたら、これは大変じゃないですか!すぐに動きます」などとコメントしていた。

前澤氏は年始、自身のツイートをリツイートしたフォロワーの中から、100人に100万円ずつ前澤氏個人からプレゼントするお年玉企画を実施。12日には、企画の第2段を検討中だとツイートしていた

https://platform.twitter.com/widgets.js


Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事