写真はイメージです

アメリカ・アイオワ州にある刑務所で、受刑者がポルノ雑誌などを読むことが法律で禁じられることになった。これを不服として州内の受刑者58人が損害賠償を求めて連邦地裁に提訴した。CNNなどが11月下旬に報じた。

CNNによると、アイオワ州にある9カ所の刑務所ではこれまで、受刑者がポルノ雑誌などを読むことができる個室が設けられていた。

ところが、それを禁ずる新法が7月に施行され、11月14日以降、受刑者がポルノ雑誌などの差し入れをうけたり、所持したりすることができなくなっているという。

こうした措置を不服として、州内にあるフォート・ドッジ刑務所で服役している58人が10月に提訴し、新法は「『倫理観』を装った『宗教の暴君』によって作られた」などと非難している。

原告らは「裸の写真を鑑賞することや自慰行為は不自然ではなく、ポルノ雑誌の禁止は受刑者たちの憲法上の権利を侵害している」「次は何だ。水着や下着、ファッショナブルな服装をしているモデルを禁止するのか」などと主張、原告1人につき2万5000ドル(約280万円)ずつの支払いを求めている。

長きにわたって認められてきた受刑者たちの「権利」がなぜ禁止されることになったのか。

Newsweekによると、新法の制定にあたっては、刑務所を運営する州矯正局の要望があったといい、受刑者らがポルノ雑誌を読むことで、社会復帰のための更生にはいい影響を与えないと考えたという。

矯正局はまた、刑務所の職員が、差し入れられたポルノ雑誌の内容をチェックしたり、受刑者らを個室に連れて行ったりするなどの負担も禁止の理由に挙げている。


Source: HuffPost Japan

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事