10月に入ったこともあり、「そろそろ来年のカレンダーを準備しないと……」と考え始めた方もいるのではないでしょうか。

毎年さまざまなカレンダーが発売されますが、わたしがいま気になっているのは、 “使い終わってからも楽しめる 壁掛けカレンダー” の存在なんです。

2018年10月1日に文具雑貨ブランド「リプラグ」より発売された壁掛けカレンダーの名前は、「glassine paper Calendar “satoyama”(グラシンペーパーカレンダー “さとやま” )」。

紙風船や古本のカバーになどに使われる半透明の紙「グラシンペーパー」が使われていて、カレンダーとしての役目を果たしたあとは、ブックカバーやラッピングペーパーとして再利用できちゃうそうなんです!

【絵が持つ「ストーリー」にも注目】

名前のとおり、日本の里山をモチーフにしているこちらのカレンダー。

春夏秋冬を優しいタッチで描いたイラストには、実は隠されたストーリーがあります。主役は冬本番の里山に迷い込んだ1羽の渡り鳥と、その鳥を見つけた幼い少年。

初めての友達との出会い、そして避けては通れない別れ。季節が進むごとに色を変えていく里山を、彼らの友情とともに描き出している点にも、ぜひ注目していただきたいところです。

【「暦」と「絵」のページに分かれています】

そしてこのカレンダーにおける最大の特徴は、暦だけが描かれたページの下に、絵柄のページがある点。

グラシンペーパーには珍しい4色印刷を施したという絵柄のページは、壁にかけるとふんわりと透ける仕様。このように暦と絵柄のページが分かれているので、終わった月のぶんの絵柄はカットして、ブックカバーなどに利用できるというわけなんです。

【お部屋が優しい印象になりそう】

「リプラグ」のオンラインショップで販売されているこちらのカレンダーの価格は、税別3000円。大きさは横297mm×縦344mmと、カレンダーにしてはやや小ぶりなサイズ感となっています。

壁にすうっと溶け込むような素朴な質感も好印象。お部屋を優しい雰囲気に保ってくれそうなので、インテリアとしてもピッタリなんじゃないかと思います♪

参照元:プレスリリースリプラグ オンラインショップ
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事