夏真っ盛りの今、舞浜にある東京ディズニーリゾートのオフィシャルホテル「ヒルトン東京ベイ」が発表したのは “秋限定のデザートビュッフェ” 。しかもテーマは “ハロウィン” だというのだから、なんとも気が早い~~~!

「lounge O(ラウンジ・オー)」にて2018年9月8日からスタートするビュッフェのタイトルは、「ハロウィーン・ディスコ」

お化けにゾンビに目玉にとかなり攻めたデザインのケーキのほか、ディスコということでミラーボールやレコードをイメージしたケーキもあって、見ているだけでワクワク楽しくなってきちゃうんです♪

【ここでしか体験できないビュッフェ!?】

今年7月2日に30周年を迎えたという、「ヒルトン東京ベイ」。開業当時の80年代に流行したバブリーなダンスフロアをイメージした「ディスコ」と、秋を代表するイベント「ハロウィーン」を掛け合わせて、 “ここでしか体験できないデザートビュッフェ” を目指すといいます。

その宣言どおり、ケーキはもちろん、ビュッフェ台の装飾もかなり異色。ミラーボールが飾られたり、DJに扮したお化けや扇子を持って踊るお化けがいたりと、その様相はまさしく「ハロウィーン・ディスコ」って感じ~!

【1つだけガチなやつがあるゾ】

ド派手なビュッフェ台に並ぶのは、新作と定番を織り交ぜた約20種類のデザートと、約15種類の軽食。

血液を連想させる真っ赤なラズベリーソース入りのスポイトが頭に突き刺さった、「デッド・ゾンビ・カップケーキ」。そしてハロウィーンといえばこれ!な「ジャック・オー・ランタンのシュークリーム」などインパクトのあるスイーツが続々並ぶ中……。

ひときわ目を惹くのは、カラフルなゼリーの中からギョロっとした目玉がこちらをうかがっている「目玉のディスコダンスゼリー」

グロ要素を入れつつも、それ以上に “可愛さ” を重視しているようにみえる他スイーツとは対照的に、コレだけガチ。目力ありすぎな目玉にじーっと見つめられたら、恐怖のあまり、食べるのをためらってしまいそうです。お願いだから、こっち見ないで……。

【ハロウィーン当日までやってるってよ】

そのほかディスコフロアをイメージしたLEDライトパネルや、真っ白のゴーストスイーツが妖しく光るブラックライトの設置など “SNS映えするコーナー” もあるそうで、シャッターを切る手が止まらなくなりそうっ。

「ハロウィーン・ディスコ」は10月31日まで開催され、料金はドリンクバー付きで大人3100円、4歳から12歳の子供は1750円(税・サービス料別途)。土日祝日のみの企画となっていて、「13時30分から15時30分まで」と「16時から18時まで」の、2部制・2時間制となっています。

ちなみにハロウィーン当日となる10月31日は平日なのですが、特別に営業。この日だけは時間を気にせずたっぷり満喫できるよう、13時30分から3時間の1部制という形をとるようです。

今年のハロウィーンは、ヒルトン東京ベイでビュッフェを満喫したあとディズニーリゾートに繰り出す、というプランもありかもしれませんね♪

参照元:プレスリリースヒルトン東京ベイ
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事