歌舞伎進撃の巨人ジョジョといったユニークなフェイスパックで人気を博してきた一心堂本舗から、このたび新たなブランドが誕生!

それが京都の手染め工房とともに生み出した和雑貨ブランド「和染(わぞめ)FACTORY」。手漉き&手染めの和紙を使ったお道具箱やぽち袋、メモ帳などは、なんと藤子・F・不二雄の「ドラえもん」モチーフになっているんです!

ああ、これはどれを買おうか本気で悩んじゃいそう……!!

【ドラえもんモチーフの和紙は8種類】

「和染」とは鎌倉時代から続く、和紙の染色技法の総称。和染FACTORYの和紙は「友禅染め」と「型染め」の2種類を扱っており、京都の職人が一枚一枚丁寧に手染めをしているのだとか。

こうして作られたドラえもんモチーフの和紙は8種類。ひと目でドラえもんやドラミちゃんがわかるのは、全体にキャラクターが散りばめられている「ドラえもんづくし_白」や「ドラミづくし_白」。

鈴や椿に隠れてさりげなくキャラクターがアピールしているのは「ドラえもん鈴遊び_黄色」や「ドラミはんなり椿_ピンク」「ドラえもん空のお散歩_水色」「ドラえもんドラミ紐つなぎ_金」。そしてドラえもんのひみつ道具をモチーフにしているのが、鮮やかな赤色が印象的な「タイムふろしき」です。

【とってもかわいい和雑貨、どんなふうに使う?】

雑貨は現在、お道具箱、はがき箱、角皿、和綴じ本、ぽち袋、鈴つきメモ帳が販売中。

同じアイテムでも使われている和紙によってガラリとイメージが変わったりするので、複数買いもアリ。また、お道具箱であれば書類入れだけでなく裁縫道具や文具入れに、和綴じ本であればレシピノートや旅の思い出帳など、それぞれの用途を考えるのも楽しいひとときかも。

和紙独特のやさしい風合いがありながらも、モダンなドラえもん柄が配された「和染FACTORY」の和雑貨たち。お部屋や職場など身の回りに置けば、眺めるたび・使うたびに心がほっと落ち着くはずです。

【一心堂本舗のオンラインショップで販売中!】

このほかに、和紙のみの販売も。楮(こうぞ)を使った手漉き和紙で、薄いのに丈夫で長持ちするということから、ファブリックと似た感覚で使えそう。これまた何に応用しようか、想像するだけでもワクワクしますね!

商品はすでに一心堂本舗のオンラインショップで販売中。9月10日からは一心堂本舗直営店舗東京スカイツリーソラマチ店でも購入できるそうです!

参照元:一心堂本舗
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事