ディープラーニングでは大量の教師データを集めることが前提となる。だが長期間にわたって時系列データを集めることは難しい。東京大学生産技術研究所の合原一幸教授らの研究グループは、多変数からなる過去の動向を短時間観測したデータを使って、この前提を崩す研究成果を発表した。遺伝子発現量や風速、心臓疾患患者数などの実際の時間データに対して予測を行い、有効性を確認したという。
Source: @IT

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事