ディズニー内の撮影マナーを呼び掛けるイラスト

「インスタ映え」を気にしすぎて、周りが見えなくなってしまっていないか、撮影する前に注意した方がいいかもしれない。

東京ディズニーリゾート内での撮影マナーを注意喚起するイラストが、12月8日にTwitterに投稿され、話題になっている。

"インスタ映え"のためならマナー違反が許されてしまう風潮に異を唱えており、イラストに対して「そういった人をよく見かける」「こういう行為があるのは悲しい」と反響・共感が広がっている。

https://platform.twitter.com/widgets.js

イラストは、ディズニーランド・シー園内で、写真撮影のため噴水のへりに立ったりオブジェに座ったりする人たちに対して、地面に立って撮影するよう促している。

投稿者は女子高生と名乗っており、「自撮り棒の使用や広場での座り込み、組体操は、けがさせたり口論の原因になるのでやめましょう!」と呼び掛けている。

今年2月にディズニーランドを訪れたという自身のエピソードを交えながら、「撮影のための長い列で埋まっていて、ほとんどが若い女性でした。インスタ映えのためならマナー違反は仕方がないとの風潮になっていますが、その裏で迷惑に思っている人がたくさんいることを覚えていてください」と訴えている。

ディズニー側の見解は?

一方で、施設を運営するオリエンタルランドの見解はどうなのか。ハフポスト日本版は12月10日に取材した。

広報担当者は、イラストのような段差に立つ行為や座り込みなどについて、「程度にもよるので、ケースバイケース」と前置きした上で、「例えば、高い場所に登ると転んでけがをする危険性があるので、登らないように注意喚起しています。キャストが危険だと判断した場合に、お声がけさせていただくことがあります」と説明した。

自撮り棒は、撮影補助機材に当たるとして原則使用を禁止しているが、「頭の高さを越えない範囲であれば、小さくたたんだ状態で片手で持っての撮影が可能です」と定めているという。

その上で、「来園者にとって、よくない思い出になって欲しくはありません。もちろん写真撮影は大歓迎ですが、周囲の方の迷惑にならず、本人の安全を損なわない形でしてもらいたいです」と呼び掛けた。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事