平成という時代も、あともう少しで終わり。2019年5月1日より、いよいよ新しい元号がはじまります。

一体どんな元号になるのかあれこれ推測している人も少なくないと思うのですが……。3月12日にツイッター社が公開した「#新元号考えてみた ジェネレーター 」を使えば、考えるのがもっと楽しくなるかも?

新元号となる前日の4月30日まで遊ぶことができるので、興味のある方はトライしてみるといいかもしれません。

【人気があるのは「安」「和」「永」】

スマートフォン専用のコンテンツとなる「#新元号考えてみた ジェネレーター 」の利用方法は、とっても簡単。

まずは、自分が考える新元号を漢字2文字で入力。続いて「新元号を伝えるニュース画像」など数ある画像の中から好きなものを選んだら、あとは完成した新元号案をツイートするだけ!

なおツイッター社の発表によると、人気がある漢字は「安」「和」「永」の3つとのこと。「安久」「和平」 「永明」 といった例があがっています。

こうした結果から察するに、ジェネレーター利用者のみなさんは「安心安全かつ平和な世が永く続く」ことを願っているように見て取れるのですが、そう感じるのはわたしだけなのでしょうか。

【賛否両論あるようだけど…】

ちなみに……「#新元号考えてみた ジェネレーター」には「元号で遊ばないで」といった意見も寄せられていて、賛否両論のようなんです。

しかしながらツイッターを検索してみると、ジェネレーターサービスを楽しんでいる人も数多くいる模様。考え出された新元号はそれぞれ個性が爆発しておりまして、眺めていると飽きることがないんです。

というわけで、遊ぶも遊ばないも、あなた次第。

ちなみにハッシュタグ「#新元号考えてみた」を検索すると、ジェネレーターを使わず独自で考案しツイートしている方も散見されるので、参考までにのぞいてみてはいかがでしょうか。

参照元:#新元号考えてみた ジェネレーターTwitter @TwitterJPTwitter #新元号考えてみた
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事