米スターバックスは10月23日、「手話ストア」をワシントンD.Cにオープンした。

同社がアメリカで聴覚障害者向けの店舗を開くのは初めて。店員の多くは聴覚障害があり、全従業員がアメリカ手話(ASL)に堪能だという。

https://platform.twitter.com/widgets.js

店舗は、聴覚障害者向けの大学・ギャローデット大学構内にあり、注文の際には手書きも可能なタブレットを用意するなど、顧客をサポートするための、さまざまな機能が設けられている

https://platform.twitter.com/widgets.js

店内には、聴覚障害のある画家がデザインしたアートワークが掲げられており、ろうのデザイナーが手がけたマグカップも売られている。

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

https://platform.twitter.com/widgets.js

スターバックスは2016年に、マレーシアに手話ストアをオープン。大声で注文を叫ばないので、「世界一静かなスタバ」などと注目された。ワシントンD.C.の店舗は、このマレーシアの店舗を参考にして作られた。

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事