バスの運転なんてサルでもできる...と、言いたかったのか。それとも単なる動物好きか。サルにハンドルを握らせたとして、インドのバス運転手が停職処分を受けた。AFP通信などが報じた。

■「乗客を危険にさらしてはならない」

10月1日、インド南部のカルナタカ州の路線バスでの出来事だった。州都であるバンガロールから約270キロ離れたダバンゲレ地域を運行。この日は約30人の乗客を乗せていた。運転手と一緒にサルがハンドルを握っていたのを見た乗客が、動画を撮影した。

この動画がSNSで拡散したことを受けて、カルナタカ州の交通当局が運転手に確認した結果、事実と分かり、停職処分とした。「乗客の安全が第一。サルにハンドルを握らせて乗客を危険にさらしてはならない」という理由だった。

  

■「神の使い」として保護されているサルだった

ハヌマンラングール

インドの英字紙「ザ・タイムズ・オブ・インディア」によると、このサルはインドやスリランカなどに広く生息するハヌマンラングール。神話「ラーマーヤナ」に登場する神「ハヌマーン」の使いとして、生息地では手厚く保護されている

同紙は、州の交通当局者の話を以下のように伝えた。

「サルは、いつもこのバスに乗っている教師が連れていたものです。しかし、サルは運転手の席に逃げ込みました。乗客がどかそうと努力しましたが、居座ってしまったのです。運転手は動物好きだったのですが、バスの運転中にサルにハンドルを持たせるべきではなかったですね」

動画を見る限り、運転手はサルを特に拒否することはなかった。ギアを変え、自身でもハンドルを持ちながら、笑顔でサルの頭をなでる様子が映っている。当局者は以下のように続けた。

「サルはハンドルを2〜3分持った後に、次のバス停で降りました。これまでのところ、乗客からの苦情はありません」

  

■ネット上では様々な反応が...

SNS上では、この動画について様々なコメントが寄せられている

「サルに運転をさせるなんて危険。停職は正しい決定だ」という意見もあるが、「運転手はハンドルをずっと握っていた。サルはハンドルの上に乗っていただけだから、安全上の問題はないはず」と擁護する声も出ている。


Source: HuffPost Japan

おすすめの記事