運動会にハロウィン、クリスマス……と、これからの季節はイベント目白押し。それにともなって皆さん、お弁当やデコレーション料理を作る機会も増えるんじゃないでしょうか?

今回ご紹介するのは、かまぼこをシート状にした食品「ととしーと」。それだけならただの薄いかまぼこだけれど……ピンクやオレンジ、黄色、青といろんな色があって、まるで色紙みたい! これならぶきっちょさんでも簡単に細工できて、デコ弁やキャラ弁作りの強~い味方になってくれそうですよ!!

【富山の郷土料理から生まれた一品】


「ととしーと」を開発したのは富山県にある老舗のかまぼこ会社。富山では昔から巻きかまぼこが主流ですが、かつて北前船で運ばれた北海道の昆布を使ってすり身を巻いたのが始まりだといわれています。

そして、昆布の代わりにすり身に赤や青の着色をした「赤巻き」や「青巻き」といった巻きかまぼこは、富山の食卓ではなじみの深い食品だそう。その赤巻きや青巻きの「皮」の部分を使った商品として開発されたのがこの「ととしーと」なのだとか。

【キャラ弁やデコ弁に最適!】


厚みは0.7mm~0.9mm。型抜きや穴あけパンチなどで加工がしやすく、ほどよい弾力もあるので海苔のようにちぎれたりしないそう。そのため丸めたり、細切りにして結んだり編んだりだって可能!


しかも、ピンクや水色、緑といった鮮やかな色はなかなか他の食材で再現するのがむずかしかったりするので、あらかじめ色がついている食用のシートになっているのはありがたい限りです。



実際に「ととしーと」を使って作ったデコ弁を見てみると、本当にカラフルで可愛らしい!! お弁当のふたを開けたときの子どもの笑顔が想像できますね。

【鮮やかな全8色がそろってます】


色はオレンジ、水色、青、紫、黄色、緑、黒、ピンクの全8種類。単品で税込120円、8色セットで税込800円とのこと。購入は「ととしーと特別Webサイト」や生地蒲鉾の楽天ショップなどでどうぞ!

ちなみに、原料はスケソウダラのすり身100%。魚が苦手な子どもでも、これならよろこんでDHAを摂取できそうですね。

参照元:ととしーと特別Webサイトプレスリリース
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事