前回、カルディの杏仁豆腐を使ってオリジナル杏仁豆腐作りにチャレンジしました。そのあまりの手軽さとおいしさに、まんまとハマってしまった私。もっと……もっと溶かしたい! 溶かして混ぜて冷やしたい〜っっ!

というわけで、今回はカルディの公式サイトに載っていたレシピ、「コーヒー杏仁」にチャレンジです!

【カルディ公式レシピ「コーヒー杏仁」】

カルディの杏仁豆腐を使った公式のアレンジレシピはいくつかあるのですが、その中で、一番お手軽に作れそうだったのが「コーヒー杏仁」です。とはいえ、コーヒーと杏仁豆腐は本当に合うのか!? という気がしなくもありません。

これはどんなお味になるのか、作ってみるしかあるまいて!

【例によって、溶かして混ぜる】

さてさて今回は「レンジでチン」でもっと手軽に作れないか、挑戦してみました。公式レシピとはちょっと作り方が違うけれど、溶かして混ぜるという点では同じ。材料は、杏仁豆腐とドリップコーヒーです。

カルディの公式サイトによると、杏仁豆腐は「レンジ(500w)で約3分加熱する」と液状になるとのことですが、自宅のレンジは600w。念の為2分半で加熱したところ、取り出すと温めた牛乳のような膜が張っていました……。

というわけで、レンジで加熱する場合は、まず1分半くらいから様子を見ることをオススメします!

気を取り直して、ドリップコーヒーを投入〜! 幸い、コーヒーを入れてかき混ぜているうちに、膜もキレイに溶けて、一安心です。よかったよかった。キレイに混ざったら、あとは冷蔵庫で冷やし固めて出来上がり。

ドキドキのお味のほうはというと……しっかりとコーヒーの香りがしておいしい! バニラやヘーゼルナッツなどで香りづけをした「フレーバーコーヒー」のような味わいです。

公式レシピの分量より、もう少しコーヒーの割合を増やしたほうがビターな感じになりそうだけど、杏仁の風味とコーヒー味のいいとこ取りなら、ちょうどよいかも。使うコーヒーのロースト具合によっても、変わってくるかもしれません。

最初に杏仁豆腐をレンジから取り出したときは、加熱しすぎちゃった! と、ヒヤヒヤしましたが、温めるのも溶かすのもひとつの器で済むのはやっぱりラクチンでした。洗い物も減るし。ということで、レンチンも全然アリです。

【コーヒー+杏仁=おいしい】

というわけで、コーヒー杏仁豆腐はばっちりなおいしさでございました! 正直なところ、自分で作ったアレンジレシピと比べてもズバ抜けて簡単で、これぞ思い立ったらすぐできるな〜って感じ。コーヒーはいつでも家にあるし、なんなら出来合いのコーヒー使ってもいいしね☆

くわしい作り方や分量などは、公式サイトをご参照くださいませ〜っっ!

参照元: カルディコーヒーファーム
撮影・執筆=森本マリ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事