北欧テイストのスタイリッシュさと、気軽に買えるリーズナブルさで不動の人気を誇る家具ショップ、イケア(IKEA)。

季節の変わり目ということで模様替えを考えているというみなさんは、2018年8月23日から販売が開始された、イケア創業75周年を記念した限定コレクションに注目してみるといいかもしれません。なにしろ、ふだんのイケアとかなり違ったテイストの家具がたくさん並ぶんですから!

今回のコレクションは、イケアの歴史を振り返るように、かつてイケアで人気だった商品を復刻して限定発売するもの。全世界で3期に分けて行われるこのコレクション、第1弾は1950~60年代、第2弾は1970~80年代、最後の第3弾は1990~2000年代といった具合に、過去75年間のうちの特定の時代にフォーカスするのだそう。

年代ごとに家具の趣きが変わるので、お気に入りの時代の家具だけを集めてお部屋をイチから作り上げるのも楽しそう♪

【第1弾は50~60年代のミッドセンチュリー】

サイドテーブルにチェアに照明と、お部屋を彩るアイテムがずらりとそろう限定コレクション。

1950~60年代をフィーチャーした第1弾には、3本脚かつ脚の先端にメタルをあしらったサイドテーブル「LÖVBACKEN / ローヴバッケン(当時の名はLÖVET / ローヴェット)」(8999円 / 以下すべて税込み)をはじめ、ミッドセンチュリーな家具が勢ぞろいしています。ある意味、いまのイケアからは想像つかない感じ!

【いっそのこと、ぜんぶ欲しい】

イケア初の組み立て式家具だったという「ローヴバッケン」は、そのモダンな美しさにうっとりしてしまうこと必至。

そのほかにも、背もたれからひじ掛けにかけてをひとつの円におさめた「GAGNETアームチェア」(9990円)や、スクエアなフォルムと角の丸っこさがいかにもこの年代という「EKENÄSETアームチェア」(1万9990円)など、デザイン好きにもミッドセンチュリー好きにも魅力的なものばかり。今ある家具を処分して “総とっかえ” したい衝動に駆られるわ~!

【第2弾&第3弾の発売はもう少し先です】

限定コレクションは数量限定の販売となるので、争奪戦は覚悟しておきましょう。ハートにビビビっときたら早めにゲットすべし!

ちなみに第2弾は10月第3弾は12月からスタートするとのこと。

後ほど発売されるこれらの商品の一部はイケア公式サイトにてちらっと見ることができるのですが、第1弾に負けず劣らず、どちらも洒落たラインナップとなっているようです。

どの年代を選ぶかはもちろん好み次第だけれど、わたしはミッドセンチュリーものが好きなので、今回のこの第1弾がツボに入りまくりですっ。こんなに素敵な家具がこんなにも安い値段でゲットできるだなんて……マジでイケアは神~~~!

参照元:プレスリリースIKEA
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事