コロコロと楽しそうに笑いながら、最高の笑顔でムックムクのワンコに抱きつく女の子。インスタグラムに投稿されたこの幸せいっぱいのツーショット動画は、世界中で100万回以上も再生されています。

見ているだけでこちらも嬉しくなってしまうような動画ですが、撮影場所は小児科病院。この大きなワンコは、セラピードッグとして入院中の子どもたちを訪問したのでした。

病気と戦う人々に、笑顔を届けるセラピードッグ。大きくてフワフワな体で、出会う人みんなを夢中にさせるシーパドゥードルのザミー(Zammy)くんをご紹介します。

【「かわいい〜!」みんながザミーに夢中♡】

セラピードッグとして、主に小児科の病院を訪問するザミー。子どもたちと比べると、その大きさは一目瞭然!

でも子どもたちはみんな怖がらず、目をキラキラと輝かせてザミーと触れ合います。「こんにちは〜!」「可愛い〜!」それがザミーにも伝わるのか、ナデナデされても抱きつかれても、ザミーは決して嫌がりません。

Instagram Photo

大きな体でギュッと子どもたちの気持ちを受け止めて、静かにしっぽを振る姿。まるでそれが、自分の役目だとわかっているみたい。

もちろん、大人たちもこのビッグなワンコに夢中! ザミーと出会った人たちは皆、その大きさとおっとりした優しさのとりこになってしまいます。いいなぁ、私もザミーくんのフワフワに顔をつっこんでみたい!

【”シーパドゥードル”って?】

それにしてもホントに毛が長くておっきなワンコですよね! ザミーくんの犬種は“シーパドゥードル(Sheepadoodle)”。聞き慣れない名前ですが、オールドイングリッシュシープドッグとスタンダードプードルをかけ合わせて生まれた種類なんです。

立ち上がったザミーは、大人の女性と変わらないくらいのサイズ。毛並みを整えるのも一苦労なんですって。
Instagram Photo

こんなに大きなザミーくんですが、実はまだ2才。体はこれ以上大きくはならない……と思うけれど、まだまだまだやんちゃ盛りかな?

Instagram Photo

ムクムクボディと優しい心で、出会う人々に幸せを広げていくザミーくん。これからも、たくさんの子どもたちを笑顔にしてあげてね〜!

参照元: Instagram @zammypup
執筆=森本マリ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事