ビリビリになった1000ドル

アメリカ・ユタ州に住む夫婦が、2歳の息子の「お手伝い」に泣かされるはめとなった。

貯金していた現金1000ドル(約11万円)をシュレッダーにかけられ、紙くずになってしまったと、10月2日にTwitterでつづっている。

https://platform.twitter.com/widgets.jsツイートしたのは、ベンさんとジャッキーさん夫婦。ユタ大学のアメフト部のシーズンチケット代の支払いため、貯金していた1000ドルを銀行から引き出した。封筒に入れたまま行方不明となり、シュレッダーの中でビリビリになった状態で見つかったという。

「犯人」は2歳の息子のレオくんだったのだが、どうやらお手伝いのつもりだったようだ。

ベンさんはKSLの取材に、「レオは、不要になった郵便物や私たちの名前が記載されたもの、私たちが廃棄にしたい重要なものをシュレッダーにかける手伝いをしてくれます」と語っている。

USAトゥデイによると、封筒は当初、書類棚で保管しており、「ユタ・ユテス・チケット」というラベルが貼られていた。チケット代を肩代わりしてくれた両親への支払いを忘れないよう、カウンターに移動させたところ、週末に封筒が忽然と消えたという。

ジャッキさんは、「今回のことが、いつか(息子の)結婚式で披露する思い出話になるかもしれない」とKSLの取材に答えている。

1000ドルはビリビリになってしまったが、お金は元どおりになるかもしれない。

BBCによると、ベンさんが、財務省の損傷通貨を扱う部署に助けを求めたところ、「紙幣をジップロック入れて送付すれば、1、2年で元どおりにして現金を返す」と伝えられたという。

Source: HuffPost Japan

おすすめの記事