「アクアダ(Aquada)」

クルマや乗り物関連のニュースを短い動画でお伝えする『Autoblog Minute』から、今回は道路も水の上も走って行けるスポーツカーをご紹介しよう。

Gibbs Sports Amphibians(ギブス社)の「アクアダ(Aquada)」は、同社が開発した高速水陸両用車(HSA、high speed amphibian)だ。ローバー製「K」シリーズV型6気筒エンジンを搭載し、これが地上でも水上でも駆動力を供給する。油圧制御のサスペンションが地上では車高を調整し、水上では車輪を引き上げる。スイッチを押すだけで、わずか5秒で車輪は格納される。ドライバーが中央に座る3人乗りで、最高速度は、地上では約100mph(160.9km/h)以上、水上では30mph(約48.3km/h)以上を誇る。水上スキーヤーを引っ張るのにも十分なほどパワフルだ。より詳しい情報は、同社の公式サイトをどうぞ。

By AUTOBLOG STAFF

翻訳:日本映像翻訳アカデミー

(2018年11月24日Autoblog日本版「【ビデオ】高速道路から海の上まで走って行ける水陸両用スポーツカー「アクアダ」」より転載)

関連記事

Source: HuffPost Japan

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事