開園35周年で盛り上がっているディズニーランド。そんな中、ついに、ついにハロウィーンの季節がやってきましたー! やったー!

今年のディズニーハロウィーンは、35周年だけあってちょっぴり不気味度アップ。特に夜はライトアップの効果もあって、屋根でぼや〜と光るゴーストや、紫とオレンジに怪しく光るシンデレラ城など、日中とはひと味違った迫力があります。

でもね、やっぱりそこはディズニー! ダークホラーの中に、かわいいポイントをきっちり押さえた演出がはさみこんであるのです。ホラー&かわいいの最高のバランス、さすがだなー。

そんなディズニーならではのハロウィーンイベントのひとつが、期間限定のハロウィーンパレードです! いつもはキラキラしたキャストのみなさん、だけど今回は真逆。ダークメイクに迫力ある表情、だけどファッションやメイクはうっとりするほど美しいものでした……。

普段パレード見ないで乗り物優先する人にも、なんとかその魅力を伝えたい! だから今回は画像多めでご紹介するよ!

【お墓まみれのシンデレラ城が登場して…!】

ハロウィーン限定「スプーキー“Boo!”パレード」の始まりは、いつもどおり可愛いらしい登場から。ハロウィーンバージョンのフロートにのって、キャラクター達が続々とやってきます。シンデレラ城が墓地になっているのは少しビビったけど。

しかし……突然パレードがストップ! 場はザワザワ、故障か事故かと心配する観客たち。そんな中、どこからともなく聞こえてくるゴーストマスターの声!! え、なになに?と思っていると、ビガァアアンッ! と雷の音が響き渡り、あちこちからゴーストが登場! ひえぇ〜よたよた歩くキャストがやってきたよ〜!

そして可愛かったフロートもゴーストに占領され、ディズニーキャラクターたちもゴーストになってしまうのです! さらに、観客もゴーストになれと誘ってくる……ご、ごかんべんを!

【キャストの表情とファッションにご注目!】

さっきまでは可愛いハロウィーンパーティーだったのに、どんどんゴーストのキャストが登場します。ダークメイクなうえに挑戦的な視線、ときおりニヒルな笑顔で私たちを見つめ誘ってくるのです。ゴーストになれ、と……!

キレッキレなダンスと、怪しげなメイクに表情。観客のすぐ近くにまで来てくれるので迫力抜群です。だけど衣装は可愛い。髪の毛がパンプキンのようなお団子ヘアになっていたり、頭にドクロが乗っていたり、衣装はゴシックテイストで、ディズニーのこだわりとギャップが満載です。

【見る場所によっての楽しめるキャラが変わる】

今回のパレードは先ほどお伝えした通り、移動し続けるのではなく、いったん止まります。その時、どこの場所に、どのキャラクターがいるかで見え方は変わります!

大きく分けてグループは6つ。マックスやヒューイなどのグループ、グーフィーとプルートグループ、ミッキーマウスグループ、ミニーマウスとクラリスグループ、ドラルドダックとデイジーダックのグループ、チップとデールグループです。

私はシンデレラ城が右斜め前に見える場所でパレードをみていたのですが、ミニーマウスとクラリスのフロートの近くでした。

ちなみに、マックス、グーフィー、ミッキーマウス、ミニーマウス、クラリス、ドナルドダック、デイジーダック、チップ、デールは、ゴーストに変身するので要チェックですぞ★

【期間限定だよ】

今回ご紹介した「スプーキー“Boo!”パレード」は10月31日までの期間限定開催です。こちら、鑑賞エリアからみることができる抽選も行われていることがあるので、気になる方は公式サイトをチェックしてみてくださいね!

可愛いより、ダークホラー満載で大人チックな今年のディズニーハロウィーン! 記者は1日中楽しんだので、引き続き超絶オススメポイントをご紹介していきまっす!

取材協力:東京ディズニーリゾート(c)Disney
撮影・執筆=百村モモ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事