腕時計の最大の特徴は「時間がわかる」というものですが、今回ご紹介するのは、それよりもアート性に重点を置いた「Humism(ヒューミズム)」という自動巻き腕時計です。

文字盤には数字はなく、切り絵のような幾何学模様がくるくると回転しています。その動きがあまりにも美しく、ただただいつまでも眺めていたくなってしまいます。

【時間の経過をアートで示す腕時計】

1950年代より盛んになった、動きを取り入れた芸術作品・キネティックアートにインスパイアされたというこの腕時計。ヒューミズムの公式サイトには次のような説明があります。


「私たちは生命を連想させる数字としての時間の概念を拒否します」
「かわりに、過ぎ去っていく時を鑑賞することで、時間そのものの美しさを明らかにします」

……うーん、哲学的でよくわかんない! 要するにヒューミズムは「時間の経過をアートで表す時計」ってことでしょうか。たしかにここまで優雅に美しく時を刻む時計というものは、他にはなかなかお目にかかれないかもしれません。

【わかりづらいけど、もちろん何時何分かもわかる】

白い文字板の上で、黒い幾何学模様が規則的に少しずつ形を変えているように見えるヒューミズム。とはいえ、もちろん時計なので時間を知ることはできます

文字盤の外側には黒丸と白丸がついていて、黒丸の場所が時間を、白丸の場所が分を示しているんです。正直、パッと見て何時かがわかるようになるまでは少し慣れが必要そう。

ちなみに時計好きであれば、ムーブメントにはセイコーの「NH35S」が搭載されていたり、ケースには医療用器具にも使われるというステンレススチール「316L」が採用されているといった点も興味を惹かれるポイントかもしれません。

【ずーっと見ていたくなっちゃいます】

クラウドファンディングサイト「Kickstarter」で目標額の1300%の資金援助を達成し、商品化にいたったヒューミズム。現在「Indiegogo」という海外サイトで予約受付中で、3種類のデザインがあるなか1種類はすでにソールドアウトとなっています。

いずれ日本でも手に入れることができそうですが、こんな腕時計をしていたら周りの人たちから注目を集めちゃうこと間違いナシですね。ただし、文字盤の動くアートに見とれすぎて時間が過ぎるのを忘れてしまわないようご注意を!

参照元:humismIndiegogo
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事