バッグにポーチ、雑貨、コスメ……と雑誌に欠かせなくなった「付録」。読者のほうも目が肥えてきて「ちょっとやそっとの豪華さじゃ驚かないぞ」となってるわけですが、2018年9月22発売の『SPRiNG(スプリング)』11月号付録「BEAMS 14L大容量グローサリートート」は「手に入れて損なし!」と自信を持って言えるアイテムかも。

だってこのバッグ、大容量でたっぷり入るわ、作りも機能的だわ、丈夫でガシガシ使えそうだわで優秀すぎるんですっ!! このたび出版元の宝島社から実物を送っていただき、チェックしてみたのでそのレビューをお送りしたいと思います。

【底が広くてホントに大容量!】

コンパクトに畳まれて入っていたものの、広げてみると……デカッ!!

手近にあったファッション誌が余裕ですっぽりと入るようなサイズ感です。厳密に言うと、縦38×横32×マチ13cmで、14Lの容量が入るというのがこのバッグの大きなウリ。

平面からではわかりづらいですが、縦と横だけでなくマチもかなり広く取られているのでとにかく収納力があるんです!

【傘やノートが入るポケットもあって機能的】

大容量が入るバッグって、そのぶん中身が迷子になりやすいんですが、ポケットがついているのもうれしいポイント。内ポケットにはiPhoneやパスケースなど収納可能です。

両サイドのポケットはペットボトルや折り畳み傘などがちょうど入るサイズです。

そしてフロントにも大きめのポケットが! ここにはノートやiPadなども入れられます。使い勝手がよいように機能的に作られているのがわかりますね。

【実際にどのぐらい入るか試してみた!】

じゃあ実際どのぐらいの容量が入るのか? 荷物を入れて試してみましたが、雑誌、財布、手帳、化粧ポーチなどは余裕。荷物が多い人でもふだん持ち歩くぶんはまず収納可能かと思います。

そもそもグローサリートートということで、スーパーなどで買った食品を入れるためのバッグです。スーパーで買った食材も詰めてみましたが、牛乳、バナナ、ヨーグルト、納豆、レトルトカレーなど入れてもまだ容量の1/3ぐらい。

ほかにもジム用のバッグにしたり、習い事のレッスンバッグにしたり。1泊2日の旅行セットなんかも大丈夫。生地も厚手でガシガシ物を入れられそうなので、使い道もいろいろとありそうです。肩掛けできるので持ち歩きしやすい点もGOOD!

【お買い物に、イベントに、大活躍してくれそう】

というわけで、大容量&機能的&丈夫と使いやすさ満点の「BEAMS 14L大容量グローサリートート」。正直、キラキラした可愛らしさはないかもしれませんが、そのぶんシンプルなのでどんなファッションにも相性よし。


バッグの裏面やバッグサイドのタグに「BEAMS」というロゴも入っているので、ビームスコラボであることもさりげなくわかります。

『スプリング』11月号は税込860円で現在発売中。これから運動会やピクニックなどイベントが増える季節だけに、私もこのバッグ、気軽にガシガシ使い倒したいと思います!

参照:宝島社『スプリング』
撮影・執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事