2018年11月1日は、多摩市市制記念日であり、ハローキティさんの誕生日でもあります。

この記念すべき日に運行を開始するのは、サンリオのキャラクターたちがデザインされたフルラッピング車両

京王電鉄、サンリオピューロランド、多摩市がタッグを組んで、京王線全線のほか都営新宿線にも乗り入れしている9000系車両を、サンリオ一色に染めるというのです~!

【外装と注意喚起ステッカーに登場】

地域活性化を目的に多摩市と協力。「国内外問わず、より多くの人にサンリオピューロランドがある多摩センターに来て欲しい」という思いの元に実行されたという、サンリオ仕様のフルラッピング車両。

淡いピンク色をした “サンリオカラー” の外装には、大ベテランのキティさんをはじめ、マイメロやポチャッコ、ポムポムプリンなどサンリオの人気キャラクターを装飾。

また外装だけでなく、「ドアに引き込まれないようご注意ください」などと書かれた “注意喚起ステッカー” にも、キャラクターたちがフィーチャーされるといいます。

【サンリオキャラだらけの京王多摩センター駅も注目だよ】

実はキティさん、多摩センターの親善大使を務めているほか、2016年7月からは京王多摩センター駅の名誉駅長にも就任しています。

そして、キティ駅長が就任以来、京王多摩センター駅には多くのサンリオキャラクターが描かれた駅装飾が施されているのです!

駅構内の案内図や、待合室など、いたるところにサンリオモチーフが使われていて、まさにサンリオファンの聖地。

【朝から乗れるとテンションあがるやつ〜】

編集部の京王線ユーザーいわく、数年前にもサンリオのラッピング電車が走っていたそうで「駅で電車を待ってて、サンリオ車両に乗れるとすごく嬉しかったので楽しみです!」とのこと。

月曜の朝のユウウツな通勤、そして、うんざりするような満員電車。ストレスフルな状況下にあっても、この車両に運よく巡り会えたなら一転、晴れやかな気分になれるのではないでしょうか。

朝イチで出くわしたら、きっとその日はラッキーデー! わくわく気分を高め、同時に “kawaiiパワー” で癒してくれそうなサンリオ車両に、出会ってみたいものですね☆

参照元:プレスリリース
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事