マニアックなTシャツやオリジナルグッズを次々と販売する「ハードコアチョコレート」から、またまたすっばらしい逸品が登場!

「DEADウォリアーデイパック 死体袋」は、映画『トゥルー・ロマンス』の会話に出てくる「死体袋の帰還兵」に着想を得たというリュック。

……なんですが。そもそも『トゥルー・ロマンス』自体、そこまで大ヒットを飛ばした超メジャー作品じゃないわけで。今から25年も前のどちらかというとマイナーな映画を引っ張り出して、しかもその中の会話に出てくるワンフレーズをもとにリュックを作って売っちゃうって……アホなの!?(最高に褒めてる)もう、『トゥルー・ロマンス』もハードコアチョコレートも最高にクールすぎます。

【「死体袋の帰還兵」は架空の映画タイトル】

1993年(日本では1994年)公開のアメリカ映画『トゥルー・ロマンス』。監督は今は亡きトニー・スコットですが、脚本を担当しているのはクエンティン・タランティーノ

というわけで、この作品にはバイオレンスやアクションシーンとともに、タランティーノ特有のダラダラと会話形式で披露されるうんちくネタが満載なんです。

「死体袋の帰還兵」もその中のひとつで、これは作品内に登場する架空の映画タイトル。どんな内容なのかはいっさいふれられていませんが、たしかにこんなタイトルの映画ありそう! シルヴェスター・スタローンあたりが体を張って戦うアクション映画で、テレ東の午後のロードショーあたりで放送されるところまで目に浮かぶ……!!

こういう細部までツッコミ入れたくなるようなセリフが散りばめられてて、ほんとタランティーノの脚本て飽きませんよね。

【『トゥルー・ロマンス』ってどんな映画?】

そして『トゥルー・ロマンス』、セリフだけじゃなくてストーリーも最高。ひとことで言えば“サエない映画オタク男とコールガールの凶暴な逃避行”ってところなんですが、次から次へと物語が展開していって疾走感がすごい! やってることは無茶苦茶なんですが、ただひたすら突き進んでて憎めません。

キャストも秀逸で。クリスチャン・スレーターにパトリシア・アークエット、デニス・ホッパーにブラッド・ピット、ゲイリー・オールドマン、クリストファー・ウォーケン、サミュエル・L・ジャクソン、ヴァル・キルマー……豪華すぎない!?

ヒロインを演じるパトリシア・アークエットなんて、貫禄ある今の容姿しか知らない人が見たら、あまりにキュートすぎてたぶん腰抜かすレベル!! 男であれば、こんな彼女のためならそりゃ人間ひとりやふたり殺っちゃいますって。

ああ、そうでした。音楽も、映画の冒頭に流れてくる「You’re So Cool」という曲が素敵で。数年前に「アースミュージックアンドエコロジー」のCMに使われたときは「よくぞ!!!!」と、胸が熱くなったものです。

【いま予約すると3000円割引に!】

……そんな。そんな超メジャーではないけれど、一度観たら心をとらえて離さない映画『トゥルー・ロマンス』。その中に出てくる「死体袋の帰還兵」をモチーフにした「DEADウォリアーデイパック 死体袋」が発売されるよ、というのが今回の本題でした。


本アイテムは

「ポリエステル繊維の生地を合成樹脂で挟み込み、全体は防水性や汚れに強いターポリン素材を使用! どんな過酷な行軍にも耐えられる究極のアイテム!」

とのこと。かぶせ蓋部分にはDEADの四文字、サイド部分ではヘリコプターゾンビが描かれていて、さらに前面のベルト部分の血飛沫が入っているというこだわりぶりとなっています。


現在、ハードコアチョコレートのオンラインストアにて予約受付中! 定価1万5000円(税込)のところ、今なら予約特価1万2000円(税込)で購入可能です。

入荷は9月下旬予定とのことですが、オトクに買える今のうちがおすすめかも。そしてこれを機に、過去に観たことある人もこれまで観たことない人も『トゥルー・ロマンス』、観るしかない……よね?

参照元:ハードコアチョコレートamazonアットプレス
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事