いつの間にか視力が落ちて “近視” になってしまった私……。日常生活においてメガネやコンタクトレンズは必需品なのですが、どうしても1つだけ気になることがあります。

それは、眼科でコンタクトレンズを合わせるとき「日中はPCの作業が多い」と伝えると、ほとんどの場合「度数を弱めましょう」と言われること。

でも、度数を弱めると、近くのもの(例えば、PCやスマホ)を見るときは楽になるのと同時に、遠くのものが見づらくなってしまうのが残念。何かほかに良い方法はないものか……と思っていたら、なんと、この問題を解決してくれそうなコンタクトレンズが誕生していたのです!

【新発想のコンタクトレンズ】

その名は『シード1dayPureうるおいプラス Flex』。まずはじめに、どんな製品かをざっくり説明すると、PCやスマホなど近くを見ることが多い現代人の目を考えた新発想のコンタクトレンズだそうです。

近方を見ることにも配慮した「Flexゾーン」をバランスよく配置することで、近くの見え方を補助しつつ、今まで私がつかっていた近視用コンタクトレンズのような自然な見え方が期待できる……つまり、見たい景色も近くの画面もそれぞれの距離でそれぞれの見え方が実現できるように開発された製品なのです。

【現代人の為に誕生した商品】

製造販売元のシードによれば、現代を取り巻く環境は変化しており、とりわけスマホの利用率は毎年上昇。現代人は近い距離で手元を見ることが多くなっているといいます。確かに、目覚ましい速さでスマホの普及が進んでいるのは明らかですよね。

また、手元など近くをみるときは、ピントを調整するため毛様体筋という目の筋肉に力が入っている状態が生まれ、結果、自覚症状がなくても目にストレスがかかっていることが知られているらしく、これを何とかしようと生まれたのが『シード1dayPureうるおいプラス Flex』とのこと。

なるほど。近くのものが見えやすくなると同時に、目にかかるストレスにも着目したとなれば、まさに現代人のために満を持して誕生したコンタクトレンズと言えるでしょう! う〜ん、使ってみたい!!

【コンセプトムービーが公開中】

ちなみに、シードのホームページでは製品のコンセプトムービーも公開されています。同ムービーでは、都会の幻想的なタイムラプス映像とともに、製品についての解説が展開されていきますので、ぜひ音声と合わせてご確認あれ。

この『シード1dayPureうるおいプラス Flex』。コンタクトレンズ愛用者の方は1度検討する価値アリだと思います。ホームページではさらにくわしい情報をみることができるので、もしも興味があったら気軽にチェックしてみてくださいね。

【出典】
[1]:「平成28年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

[2]:「平成25年 情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査

[1]、[2]:いずれも情報通信政策研究所のデータを加工し作成。
※モバイル機器(スマートフォン、フィーチャーフォン)

参照元:SEED「シード1dayPureうるおいプラスFlex」
販売名:シード1dayPure UP
承認番号:22100BZX00759000
※コンタクトレンズは高度管理医療機器です。必ず眼科医の検査・処方を受けてお求めください。ご使用前には必ず添付文書をよく読み、正しくお使いください。
執筆:(c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事