モテマスカラにモテライナー、リップトリートメント「LIP38℃」など、数々のヒット商品を世に生みだしてきた化粧品ブランドFLOWFUSHI (フローフシ)。

ネット上にもファンは多く、その品質の良さ、機能性の高さ、デザインの美しさは、たくさんの消費者の心をわしづかみにしてきました。

それなのに……9月になって飛び込んできたのは、「フローフシがこの冬を最後になくなってしまう」というウワサ。

【どうやらマジでなくなってしまうっぽい】

まさに “寝耳に水” な情報を聞いて、おそるおそるフローフシのインスタグラムをのぞいてみたところ、

「2018年で、FLOWFUSHIは7年の歴史にピリオドを打ちます」

という文が掲載されていました。メッセージは途中で途切れていたりしてすべて読むことはできないけれど、「このままでは求める美を追求できない」といった “ピリオドを打つに至った理由” が読み取れました。

Instagram Photo

【これって「また帰ってくるよ」ってメッセージ!?】

またフローフシは2018年9月1日から7日までの期間、東京・表参道ヒルズ に巨大広告を展示。ポップに描かれた坂本龍馬の顔の上には「FLOWFUSHI、最後の冬が始まる。」と書かれていて、 “改革のために一旦すべてを終わらせる” といった意思を感じさせます。

これは完全にわたしの個人的な見解なのですが、倒幕および明治維新の立役者である坂本龍馬をモチーフにしているということは、もしかしたらいずれは、新たなブランドとしてわたしたちのもとに戻ってきてくれるのかも……?

Instagram Photo

【ファンから寄せられた悲しみの声】

“終わり” を匂わせるフローフシの公式インスタグラムの投稿には、たくさんのコメントが寄せられています。予想だにしていなかった事態にパニックに陥っている人も少なくないようで、

「最後だって」
「なくなるの? フローフシ」
「えーっ!? 嬉しい方のサプライズだと信じたい……」
「次のステップへ行くということでしょうか?」

といった具合に “にわかに信じがたい” といった様子。

未だ公式サイトには正式な声明が出されてはおりませんが、たとえなくなってしまったとしても、別のかたちに生まれ変わったとしても、また帰ってきてくれることを強く願うばかりです。

参照元:Instagram @flowfushiFLOWFUSHI
執筆=田端あんじ (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

おすすめの記事