先日、タイ南部のビーチリゾート・クラビの街中を散策していたときのこと。「Thai Pancake(タイ・パンケーキ)」と書かれた屋台をいくつか見かけました。

屋台の看板にプリントされているパンケーキを見ると、その形は正方形。しかも平べったい! これがパンケーキ……?

ふわっとしたパンケーキの対極を突き進むスタイルながら、写真を見る限り、とってもおいしそう。それに屋台のパンケーキなんて初めて!!

気になったので、ひとつ購入してみることにしました。

【具の種類が多い!】

タイ・パンケーキは具材の種類が豊富。マンゴーにパイナップル、ココナッツなどトロピカルな具から、ピーナッツバター、チョコ、ジャム、それに“バナナ&チーズ”、“バナナ&キャラメル”など、ざっと数えても30種類ぐらいあります。

店員さんにオススメを聞いてみると「バナナ&チョコ」とのことで、こちらをオーダー。お値段は60バーツ/約210円。

手で薄く伸ばしたパンケーキ生地を、鉄板の上で手際よく焼き上げていきます。待つこと3〜4分、バナナ&チョコのパンケーキのできあがり。さすがは屋台スイーツ、できあがるまでがめっちゃ早い!

【サックサクの食感&とろとろバナナが最高】

生地の中にバナナを包んで、カリッと焼き上げたバナナ&チョコのパンケーキ。食欲をそそる香ばしい匂いが最高! チョコシロップと練乳のトッピングの美しさに、胸がときめいちゃいます♪

焼きたてアツアツの生地は、驚くほどクリスピー。ほおばると、サックサクの生地とトロリとしたバナナ、チョコと練乳がお口の中にジュワッと広がり……最強にウンマイッ!

直径20センチぐらいの大ぶりサイズだけれど、パイ生地のようにサクサク軽い食感なので、女性ひとりで完食できちゃいます。冷めると少々油っぽく感じるため、熱いうちに食べ切るのがオススメ。

【シンガポールやマレーシアでも食べられる?】

このサックサクのタイ・パンケーキは、現地の人たちには「ロティ」と呼ばれています。タイの屋台料理として定着しているので、バンコクやパタヤなどでも食べられるようですよ。

ちなみにシンガポールには「ロティ・プラタ」、マレーシアには「ロティ・チャナイ」という似たような屋台料理があり、名前も味もそっくりです。

丸いパンケーキとは違ったおいしさのタイ・パンケーキ。タイ旅行の際にはぜひともチャレンジしていただきたい屋台スイーツです。

取材・撮影・執筆=sweetsholic (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC&SWAショップ

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生したアイテムご購入希望の方へ

個人、医用、農業、畜産、漁業等はもちろんのこと、一部上場企業の環境改善を始め、業界TOPの染色工場、繊維加工工場、食品工場等、国内外で多く成果を出している商品です。ご自身の健康増進や環境改善にとどまらず、この素晴らしいアイデアを一緒に広めていただく方を募っております。まずは、ご自身の健康増進や環境改善にお役立てください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事