現在大ヒット公開中の映画『ジュラシック・ワールド 炎の王国』、皆さんはもうご覧になりましたか? 今回ご紹介するのは、あの作品の世界観をそのまま家の中に再現してしまったパパのお話

Lyle Coram(ライル・コーラム)さんは恐竜大好きな娘・Shelby(シェルビー)ちゃんのために、おうちの居間に恐竜たちが出現する壮大なしかけを作って楽しませたんです!

その動画がYouTubeに投稿されているんですが、まさにこれはジュラシック・パークならぬジュラシック・リビング状態……!!

【リビングの外にはジュラ紀の世界が……!】

7歳の女の子、シェルビーちゃん。ちょうど恐竜に興味を持つ年ごろでもありますよね。そこで舞台係の仕事をしているパパ・ライルさんは娘へのあふれんばかりの愛情で、リビングルームの窓の外に恐竜たちが動き回っているジュラ紀の世界を作り出したんです!

使ったのはプロジェクターとスクリーンと照明。海外サイトboredpandaでは、窓の外側に置いたスクリーンにむかって、庭からプロジェクターで映像を映す様子が紹介されていました。こうすることで、まるで窓の外に恐竜の世界が広がっているように見えるんですね。

【臨場感がスゴい!】

これには娘・シェルビーちゃんも窓の前に立ちすくんで呆然としている様子。けれど怖がってはおらず、ボールを持って来て恐竜の前で動かしてみます。

驚いたのは、ボールの動き合わせて恐竜も首を動かしているように見えること! え、まさかこれ、インタラクティブになってるの……!? いえいえ、これはたまたま動きがシンクロしただけのことのよう。でも、こうした偶然も手伝って、リアリティがさらに高まっているんですよね。

【こんなパパがいたら自慢しちゃう!】

過去にはディズニープリンセスをテーマに、子ども部屋に壮大なDIYをほどこしたライルさん。こちらも動画がYouTubeにアップされていますが、お部屋の中がディズニーランドのようになっていて圧巻のひとことです。

こんな魔法のようなことをしてくれるパパがいたら、友達みんなに自慢しちゃいそう! 実は子どもにとってうれしいのはお金持ちなパパでもイケメンのパパでもなく、超器用なパパ……なのかもしれませんね。

参照元:YouTubeboredpanda
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]