結婚式は人生でもっとも素晴らしい日ですが、同時にちょっとしたストレスを抱える日でもあります。一世一代のお披露目ということで、緊張しちゃう新郎・新婦さんって多いみたい。

アメリカ・アリゾナ州にお住まいのVal Zherelyev(ヴァル・ジェレリエフ)さんは、結婚式を前に緊張でガッチガチ。そこで、いたずら好きの新婦・Heidi (ハイディ)さんが思いついたのは、こんなドッキリでありました。

それは欧米の結婚式ではスタンダードな演出である「ファースト・ルック(初めて互いの晴れ姿を見せあうセレモニー)」のときのこと。てっきりハイジさんが立っていると思って振り返ったヴァルさんが目にしたのは……

最愛の新婦ではなく、いかつい男性! そこにいたのは、純白のウエディングドレスに身を包んだ、ハイジさんの兄・エリックさんだったのです!

このいたずらにはその場にいる全員がどっと沸き、ヴァルさんの緊張も一気にほどけたに違いありません。

【こんな感動的なドッキリ、ある!?】

そのときの様子は、写真家であるKevin Chole(ケヴィン・コール)さんがFacebookに投稿した画像の数々から知ることができます。ヴァルさんの後ろにこっそり近づくエリックさん。振り返ってギョッとしている感じのヴァルさん。そして何が起こったか悟り、一瞬にして顔いっぱいの笑顔を浮かべ、抱き合うふたり。

……これはこれでなんだか感動的ではないですか!

実はこのいたずら、直前になってハイディさんが思いついたものだそうですが、それにノリノリで応えちゃう兄・エリックさんもユーモアのセンス抜群! そして仕掛けられたほうのヴァルさんも、怒るでもなく満面の笑顔で受け入れられるところが素敵。君たち、絶対いい夫婦、いい家族になるよ~!

【見てるほうまでハッピー気分に!】

結婚式という大事な場面でのドッキリなのに誰も損しない、むしろ本人たちも見ているほうも最高にハッピーな気分になれるという今回のできごと。海外ニュースなどにも取り上げられ、世界中の人々に幸せのおすそわけが届けられているようです。

今後はファースト・ルックに、こんなサプライズを仕込むのがトレンドになったりして……。なにはともあれ、ハイディさんとヴァルさん、末永くお幸せに~!

参照元:FacebookInstagram@kevinchole_photography
執筆=鷺ノ宮やよい (c)Pouch


Source: Pouch[ポーチ]

EMBC情報微生物工学とSWAハイテク素材工学から誕生した究極のアイテム
おすすめの記事